真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

会社すらわかんないX01赤外線4ch簡単にレビュー

ヤフオクやおもちゃ屋さんではよくこの手で3chとか3.5chとか書いてあるのですが、そっちは間違えても買っちゃだめです。

なんとなれば室内ヘリというものはいかにそれが部屋の中といえどもある程度の風は常に渦巻いているので、ほったらかしておくと前後左右に流されるのですね。

その際に3chや3.5chとかだと真横への移動ができないので、車と同様機首を回して前進させて方向を変えるというややこしい操作が必要になるのです。これは4chよりかえって難しい操作なのです。

このX1は赤外線操縦ですが曲がりなりにも4ch、つまり真横への移動が可能なのでその点非常に有利なのです。ただ移動方法は通常のラジコン室内ヘリとは完全に違いまして、機体の両側についたローターとテールに上向きについたローター、これを回して強制的に風を起こして移動方向に動くというもので、飛ばし比べるとわかるのですが、フライト感覚そのものが根本的に「室内ヘリ」とは異なるものです。

実際に飛ばしている動画をアップしておきます。

正直言って飛ぶっちゃ飛ぶのですが、やりにくいったらありませんでした。

というのもこの手のトイラジは世界中に販売するせいか、一般の日本国内で使われているモード1というスロットル操作が右スティックの上下動で行うものとは異なり、モード2というスロットル操作を左スティックの上下動で行うという方式のためです。


左写真がX1の送信機でして、見て分かるように左スティックが下まで下がっています。この状態でスロットルはOFFなわけです。

ただ理屈上は右スティックで機体の前後左右をコントロールするモード2の方が理にかなってはいるので、逆にベテランの方なんかはわざわざ送信機をモード2に改造したりしています。そもそもモード1は日本と東南アジアの一部でしか使われていないのですが、なぜに日本では最初からモード2にしてくれんかったんか、謎であります。

   ここをクリックすると➡ 会社すらわかんないX01赤外線4chレビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)