真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

WLtoys V272 も少しマシに撮影できないか再飛行

あまりに小さいのと意外にコントロールしずらいV272ですが、いつものカメラ位置で機体をカメラに近づけて静止させるという芸当が私にはどうしてもできませなんだ。

そこで今度はカメラを横から近くにおいて、うまくカメラの枠内に入ればお慰み方式にしてみたのですが、結果は似たようなものでした。

リポが100mAhと容量が少ないので自己放電量が大きいのでしょうか?前回は3分半はフライトできたのに、今度は3分持ちませんでした。

 

まだモード2しか入手できないのですが、私には無理です。そこでこのV222用のモード1モード2切り替えできる送信機でモード1で飛ばしています。それでもこの送信機での感度80%と最大にしなければなりません。スティックは結構忙しく動かしています。

挙動は以前WalkeraのQR X350無印で、ジャイロキャリブレーションのやり方を知らずに飛ばした時と同じ印象で、大きくスティックを動かさないと反応しない上にいざ反応しだすと急いで逆方向に戻してやらないとそのまま流れてしまうといった感じです。

Walkera LaduBird が飛ばしやすさ100点とすればせいぜい60点くらいでしょうか?

 

 

しかしそれは「撮影しよう」という目的があるからの話で、ただ飛ばすだけなら支障はありませんし、この小さな室内クアッドが実際にフライトしているのは面白いものでした。

せめて互換送信機でエクスポネンシャルが設定できるものがあれば全然違うと思います。

WLtoysは途中からV911とは違ってHiSKYのプロトコルをそのまま使っています。ですからHiSKYの送信機でV944やV933とかもバインドできて飛ばせてしまいます。というか製品そのものがHiSKYのものなのですが。

試しにHiSKYのX6S送信機とバインドできないか実際にやってみたのですが、どうもわかりません。送信機の電源を入れると機体のLEDの点滅が変わるのでバインドできているようにも思えるのですが、スティックには無反応です。

通常この手のクアッドコプターは安全のためにバインド後、スロットルスティックを一番上まで上げて、もう一度一番下まで下げると、実際にスティックに反応しだします。付属送信機もそうですし、V222の送信機も同じでした。しかしHiSKYのX6Sで同じ動作をしてもダメなのです。

クアッドの場合会社や機種によってそもそもの設定をヒコーキにしたりヘリにしたりと統一性が無いのですが、今のところX6Sをどういじくっても反応してくれません。また何かわかればご報告しましょう。

   ここをクリックすると➡ WLtoys V272 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)