真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Nine-Eagles HUGHES SX 各部写真

やっぱ初心者ならWalkera AirwolfSD5 の5枚ローターやらラマの3枚ローター、あるいはスタビバー無しのMiniCPとかじゃなくて、こうした室内ヘリが一番ですよね。ホントならこっちのほうから先にご紹介するべきだったのですが、以前のサイトでもう書いてきたので同じことを書くのがなかなかしんどくてですね。

で、これ、在庫限りで販売終了ということになっているんですが、実によく飛びますので約10000円前後と高いのですが私のお気に入りの一台なのです。

前のページで先に動画から紹介しましたが、今回は各部の写真を載せて生きます。


箱にはこんな感じで収まっています。現在各社は廃棄物処理の関係か資源の関係か塩ビ板のようなカバーが主流ですが、このSXは古い機体ですので以前のNine-Eagles方式で発泡スチロールに収まってます。

箱はかばんのようにパカリと開くので持ち運びに便利なのですが、この発泡より塩ビの方が収めやすいのでよっと残念なところです。SXのセットには専用のリポ充電器が付いておらず、送信機からの充電になってしまいます。

 


横から見たところですがなかなかかわいらしくて好きです。ただ個人的には白は好きですがこの黒オレンジのラインのデザインがいまいちだなあと思ってますがこれは人の好き好きでしょうから仕方がありません。

 

 

 

 

これがリポを差し込んだ状態です。SXONLYとメモしてあるの刃ですね、最初形が同じだったので当然同じリポだろうとこのリポを同じNine-Eagles SOLO PRO 127 H500に差し込もうとしたらどうしても入らなかったのです。

全然原因がわからなくてしょうがないのでSXONLYと書いておいたのですが、しかしH500のリポはSXに入るのです。いくらなんでもおかしいだろうとこのリポをヨーク見たら先っぽの黒いプラスティック部分をとめてある透明なボンドが大量にベターとはみ出していてこれが邪魔をしていただけでした。Nine-Eaglesだからといって品質が言い訳ではないのです。

 


これ、リポを差し込んでちょっとお尻を突っついたらこのようにしりもちをついてしまいます。あともう少しだけスキッドが長ければいいものを・・・

実は最初私、本当にヘナチョコ初心者なので、マニュアル通り、必ず水平にしてリポを差し込むこと、を忠実に守っていたのですが、そうすると差込口は機体の下の後部からになるので機体を床に置くと自分ははいつくばってリポを差し込まねばならずとてもつらい思いをしたのです。

しかしそんな必要はないことが後でわかりまして、単純に機体を持ってリポを差し込んでから機体を水平面に置けばそれで済むのでした。SXに関して言えばそれでいいのですが、この水平の感知がどの時点で行われるのかは会社や機体によってまちまちに思えて私いまだによく解っていないのです。

電源が入るとこのように青いLEDが光りましてこれは飛ばしているときに結構きれいですよ。

   ここをクリックすると➡ Nine-Eagles HUGHES SX レビュー 記事簡易表示が並びます。  

8 Comments

  1. ホバリング初心者
    Posted 2014年3月16日 at 11:25 AM | Permalink

    確かにスキッドの後ろ足が短いです。だから尻餅をすぐつくのですね!リポ電池はこのSXのをH500と129に使っています。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月16日 at 12:22 PM | Permalink

      今思いついたのですが、単純になんかのリード線の中の電線を抜き取って1cmくらい伸びるように差し込めないでしょうかしら?

  2. MAC
    Posted 2014年3月16日 at 3:13 PM | Permalink

    SXに関しては、ラダージャイロだけのはずなので水平等は感知しないと思いますよ。水平出しが必要なのは6軸からだと思います。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月16日 at 3:22 PM | Permalink

      あら?それ初めて知りました!ありがとうございます。3軸まではラダーだけなんですか?じゃあスケール機を作る際には、アパッチのような2輪式の場合は機体の前側と後ろ側の高低差は考えなくても大丈夫と考えていいんでしょうか?

  3. ケモ
    Posted 2014年3月16日 at 3:47 PM | Permalink

    sxとかv911 v912は1軸ジャイロですよぉ
    ラダーのサポートだけです。
    バー付きの機体はエレベーターエルロン方向の安定はバーの傾きの
    機械式ミキシング補正です。
    <だからここの部分のリンケージはスルスル動くようにしないと癖出ます。
    アパッチみたいに駐機時に後ろに傾いている機体はバーレスでしたらバインド時に
    オシリ上げて水平出しが必要だと思います。

    ちなみに3軸ジャイロはエレベーターエルロン方向の傾き感知2軸
    ラダーの傾き(縦向きで尻振り角)1軸
    6軸はそれぞれに加速度センサー3軸
    こんな豪華なジャイロが使えるようになったのはスマホの普及のおかげですね。

  4. MAC
    Posted 2014年3月16日 at 4:46 PM | Permalink

    ケモさん フォローありがとうございます。

    3軸までは一瞬の傾きのみの補正(例えば風に煽られたり)で、6軸は常時補正し続けます。なので、6軸はバインド時に基準となる水平出しが必要ですが、3軸は斜めになっていてもOKです。(もちろん当て舵が必要ですが)

    簡単に言えば、水平出しされた6軸は手放しでも落ちないけど、3軸は落ちます。 今、お持ちの6軸クワッドは落ちないですよね。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月16日 at 5:04 PM | Permalink

      なるほどそれでブラックホークは練習用タイヤとスケールタイヤの径が目に見えて違って傾きが違うのに支障がないわけですね!ありがとうございます。それなら例えば3軸であるSOLO PRO 135 をアパッチにして尾輪を下げても差し支えないのですね。

      私は昔の京商のアパッチがわざわざ変なピアノ線みたいなもので尾部を上げていたのでてっきり水平にしておかないとダメなんだと思っていたのです。

  5. MAC
    Posted 2014年3月16日 at 10:55 PM | Permalink

    >アパッチにして尾輪を下げても差し支えないのですね。
    基本的にOKです。離着陸に癖がでますが、むしろ実機に近い挙動です。

    >京商のアパッチがわざわざ・・・
    当て舵もままならない初心者でも飛ばせるようにとの配慮かと。

    あと、欲を言えばマストを前傾させると尚goodです。 ただ、マイクロ機では更に強い癖になってしまいますが・・・。(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)