真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

8.室内ヘリ初心者教室・DEVO7のサーボリバース設定(室内ヘリ初心者教室)

前回アダプターを使った室内ヘリのバインドについて書きましたが、ついでにその時のいきなりスロットルが全開になってしますが、という件についてDEVO7を例に具体的に説明しておきます。今デジカメが壊れているので土曜日まで写真を載せられないのがつらいですが・・

激安ヘリの付属送信機を除けばこのスロットル全開という症状は「サーボリバース」という機能がありまして、これで解決します。5chとか6ch以上の送信機でも基本的にスティックは2本でこれがそれぞれ2方向に動きますから操縦についての基本は4chでしているのですが、この4chはたいていの送信機では逆にできるようになっています。

例えばJ6PROでもできるのですが、あれって数字ばっかでとにかくそうした操作がしづらいのが難点です。そのため私は大枚はたいてTTX650なるものを買ってしまったのです。機能的にはJ6PROに毛が生えた程度なのですが、アルファベットとグラフ表示ができるだけで操作性は断然違いますね。

DEVO7はアルファベットだけは表示してくれるのがせめてもの救いですので、具体的に書いておきます。

電源を入れてから一回ENTキーをクリックするとSYSTEMが点滅するのでその後RかLのキーをクリックするとsystemがmodelやfunctionに切り替わりますからfunctionにしてまたENTをクリックします。(ちなみに電源を入れた後でなんかバーが動いているのはバインドする機体を探しているところです。これって実はFIXD IDという登録を済ませればなくなるんですが、それはまたの機会に)

すると読みにくいですが、一番上のREVSWが点滅しましてその状態でまたENTをクリック。すると上にELEVとなっていてこれがWalkeraの場合はエレベーターです。この部分はUP DNボタンでAILE(エルロン)THRO(スロットル)と切り替わります。多分DEVO7ならこのTHROをRLボタンで現在と逆にするといいんだろうと思います。私のはここがNORMとなってますが、これはRとLボタンでREVと切り替わります。

なにしろ基本的にラジコンは海外標準なのでモード2が基礎になっているうえに、プロトコルによってこのチャンネルがどれがどれやらよくわかんなくなるんですね。地道にひとつづつ確認するしか仕方が無いようです。

   ここをクリックすると➡ 室内ヘリレビュー初心者教室 記事簡易表示が並びます。  

16 Comments

  1. ホバリング初心者
    Posted 2014年3月12日 at 8:34 PM | Permalink

    ありがとうございます。DEVO7で教えて頂いたようにスロットルをリバースにしたところきちんとローターが回りました。これから練習します。J6でスロットル(CH3)やエルロン(CH1)、エレベータ(CH2)、ラダー(CH4)を順にリバースにして色々なパターンを試しましたが効果がありませんでした。
    ひよっとしたらMIN CPを飛ばすときはTHROをNORMに戻さなければならない?機体登録のメモリはないのかしら?

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月13日 at 4:15 AM | Permalink

      DEVOの場合、確かエアーウルフだけはどっか一つだけサーボリバースで、最近の機体はMMiniCPも含めてケモさんの仰る通りサーボは全部ノーマルでいいみたいですよ。

      機体登録はですね、電源ONのあとでENTをクリック、SYSTEMをRLキーでMODELに合わせてから一番上のSELEC点滅の時にENTをクリック。すると現在の機体名かなんかが点滅するんですが、そこでRLキーをクリックするとMOD2、MOD3と点滅が移動します。MOD15まであって、つまりケモさんの仰るように15機分。メモリーしたいところの点滅のところでエンターを押すと、そこのデータが有効になります。

      今の設定をコピーしたいときはMODEL点滅の時に一番上がSELEC点滅。この時RLキーで点滅を下に持っていくと3番目にCOPYが現れて、ここでENTをクリックすると好きなコピーができます。

      解んないときはまたどうそ!

  2. ケモ
    Posted 2014年3月12日 at 9:16 PM | Permalink

    ホバリング初心者さん はじめまして
    DEVO7でもMODE(モデル)切り替えできますよ
    たしか15機分書き込めるはず・・・
    DEVO7はフライトSIMにしか使っていませんが飛行機とヘリで設定変えています。
    walkeraの機体はほとんどサーボリバースはノーマルが基本です。
    いろいろいじるときは新規MODEで作った方がいいですね。
    MASTER-CP MINI-CP SUPER-CP GENIUS-CP テントウムシみんなノーマルです。
    全てDEVO8Sで専用モデル作って飛ばしています。
    walkera7ch受信機で飛ばしているCX250はさすがにサーボ方向いろいろですが・・・

  3. ホバリング初心者
    Posted 2014年3月13日 at 9:35 PM | Permalink

    いろいろとアドバイスありがとうございます。会社のパソコンで昼休みに見ています。H500はバインドしただけで飛ばしてみると元々の癖がでています。(スロットルを上げると後ろ飛び)エレベータを前へたおしてもJ4プロポと同じように反応がめちゃ鈍い。エレベータ感度を上げようとDEVO7の使用方法を模索していました。ENT(多分entry)とUP DN(多分down)やR(多分right)L(多分left)と解釈し木構造図を少しだけ殴り書きしてみました。聞いたことがある言葉ならなんとなくわかるのですが知らない言葉はまったく解釈できません。今後の勉強課題です。
    昨日の状態(nine eagle H500やsolo pro 129のバインド)でMin CPの電源をいれたらスロットルがREVEだったのでいきなりローターが回転し始めビックリしました。今後機体登録をしなければならないですね。
    また、いろいろとご指導をお願いいたします。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月13日 at 9:47 PM | Permalink

      いえいえ、ご遠慮なさらずに!

      H500はとにかく後ろに飛ぶっていうのは不思議ですね?前進も鈍いということですし?ひょっとしたらメインマスト(ローターの心棒)が落ちないように締めてある途中の金属製のリングの位置が最初から狂っていて、ローターの水平面が後ろに傾いているのかもです。私、SOLO PRO 128 EC-145で一回そうしたことがありまして、途中のリングがスポスポだったんですよ。

      土曜日にデジカメの用意ができたら写真をとってみますね!

  4. ホバリング初心者
    Posted 2014年3月15日 at 11:20 AM | Permalink

    アドバイスありがとうございます。早速確認してみます。いままでDEVO7のFUNCTION部分の階層構造を考えていました。わからない単語(英略語)が多くて頭が痛いです。なにはともあれDEVO7にMIN CP、SOLO PRO129、127のH500を登録してみます。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月15日 at 12:24 PM | Permalink

      そうですよね、DEVO7eはまだ表示が読みやすいのですが、DEVO7無印は、なんか昔の液晶アルファベットみたいでそもそもこれアルファベットのなんなのさ?ってなる上に略語になってますもんね。

      今日デジカメが使えるようになったんであとで画面を訳してアップしてみますね!

      でもくれぐれも私を追い越してうまくなって見捨てないでくださいね・・

  5. ホバリング初心者
    Posted 2014年3月15日 at 3:04 PM | Permalink

    ありがとうございます。DEVO7へsolo pro127 H500とsolo pro129の登録ができました。H500のラダー、エレベータ、エルロンの感度らしきものを115%、スロットルを110%に上げたら少し反応は良くなりましたが、壁面へ両方激突しました。まだまだ調整します。(DEVO7のバッテリがかなり減りました)私の腕は一向に上がりません。心配しないで下さい。
    お酒を飲んだら飛ばさないことにしています。(酔って気持ちが良くなり随分壁面や天井に激突させました!)
    充電が終わりましたらまた試してみます。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月16日 at 12:09 PM | Permalink

      激突仲間が増えて嬉しいです。なんか最近コメントをいただいてもベテランの方が多く、私自身よくわかんない専門的なものが増えてしまいまして・・

      私もWalkera3枚ローターの方のエアーウルフとNine-Eaglesのブラックホーク激突大破で修理中なんですが、スケール機って壊すと壊れ具合もひどいし、Nine-Eaglesは部品も高いし、どっちにしても直すこと自体ボディまでバラバラにしないとならないので、もう疲れ果てますね。

  6. ホバリング初心者
    Posted 2014年3月16日 at 10:43 AM | Permalink

    おはようございます。TRVAD(意味がわかりません)がスティックの感度かなといいかげんな解釈をしELEV,AILE,THRO,RUDDの数値を上げました。129は前へ飛ぶことはなくなりました。H500(129とは機体設定は分けています)は大きく後ろへ飛ぶことはなくなりましたが、両者ともスティック感度は変わりません。そこでDREXPのなかのEXPを-20にしてみましたがスティック感度は変わりません。ひよっとしたらD/Rかな?まあ考えられるものはいろいろやってみます。129はスキッドが本体と分離式なのですが、本体と接続している2カ所のボッチが折れ(リポの取り外しがきついのでちょっと力が入り)本体の受け側の穴に折れたボッチが入っています。これから直し方を考えます。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月16日 at 12:03 PM | Permalink

      TRVADは多分「トラベルアジャスト」の略語だと思うのです。これはサーボのアームをどこまで動かすかの事だそうで、私もこれで感度がなんで調整できないのかわからないのですが、とにかくTRADをいじっても私も感度は変わりませんでした。で、スティック感度は私はDREXPで調整できてます。これはそれぞれデュアルレートとエクスポネンシャルの略語で、デュアルレートの方は、対応しているスイッチが0のとき、1のとき2のときそれぞれのスティックの感度なんだそうです。

      ですから例えばスイッチが1の場所にあるときにデュアルレートの0のところの数字を変えてもスティック感度は変わらないのです。たいていの送信機はスイッチを全部送信機の裏側方向に倒した状態でスイッチ類は0らしいので、デュアルレートのスイッチ0の部分の変更箇所を見つけてそこの数字を上げればスティック感度があがるんだと思います。

      そしてエクスポネンシャルはスティックを中央から倒し始めるときの感度と、かなり倒した状態での感度を調整するものなんだそうです。

      私の場合はこのデュアルレートとエクスポネンシャルの両方で飛ばしやすくしているのですが、人によって好みは違うらしいです。

      これは私の場合ですが、私はデュアルレートはスイッチ0の状態では例えば初期値が100ならこれを逆に70から80に下げまして、代わりにエクスポネンシャルを-20から-40にして、つまりスティックのさわりはじめでは舵がよく効くようにして倒しきったような状態ではあまり効かないという設定にすると代文楽になりました。

      ただこの例はDEVO送信機でWalkeraのヘリを設定するときのもので、エクスポネンシャルは-20より-40の方が効きがよくなるという方向ですが、Nine-EaglesのSLT送信機である私のTTX650では方向が逆で+で入れないといけないみたいです。ですからGENERALLINKをDEVOにつないでNine-Eaglesの機体を飛ばすときはどうなるのか、謎です。

      ためしにこの二つをめちゃくちゃ大きな数字にしてスロットルはあけないで舵だけ切ってみれば動きでわかるかもしれませんね。

  7. ホバリング初心者
    Posted 2014年3月16日 at 4:35 PM | Permalink

    いろいろやっていますが、H500が後ろへ飛ぶのは上から見ると右側のスキッドが開いていて尻餅寸前でした。
    何故か一度飛ばし、調子を確認するためスロットルを下げ停止し、再びスロットルを上げてもローターが回りません。
    エルロンやエレベータは反応します。これはsolo pro129も同じです。なんどか浮上しているときに電波が途絶えたかのようにストンと落ちます。nine eagleの癖ですかね?
    真坂さんもブラックホークであったようですが…。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月16日 at 4:52 PM | Permalink

      あ、そうですね。H500は私も脚が取れやすかったのをお伝えするのを忘れてました。よく見ると取れかけてたrりしてました。同じ目にもあいました。合わせたはずのトリムが異常にずれてたり。

      それとストンでしょう?なぜか私もNine-Eaglesに限ってよくなるのです。一回はやはりH500でした。モーターが壊れたと思って1500円くらいで購入して付け替えたら直ったのでてっきりモーターと思いこんでいたら、その後同じことが起こったり??ブラックホークもGalaxyもよくそうなるんですよ。そうかと思うといつの間にか元に戻ったりしてます。案外純正リポがおかしいんじゃないかと疑ってるんですが・・

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月16日 at 4:58 PM | Permalink

      そう言えばストンはSOLO PRO 135 にもあったことを思い出しました。リポが無くなるはずがない最初の十数秒後にいきなり回転が遅くなって着陸し、もう一度リポを接続すると元に戻りましたが、元に戻らないときもなりました。こうなると送受信か基盤そのものの欠陥みたいにも思えます。あるいは熱を持つとダメになりかけるとかなのでしょうか?しかしGalaxyの時は別に連続して飛ばしてないのに最初からなったこともありますし・・

      よくわからないのですが、マニュアルを見てバインドをやり直してみると直ったりするかもしれませんよ。根拠はありませんが・・

  8. ホバリング初心者
    Posted 2014年3月16日 at 5:58 PM | Permalink

    やはりですか!プロポの電源を落とし、機体のリポ電池も入れ直すとまた動きます。
    一度飛ばすたびに、これを行っています。nine eagleの特徴ですかね?他のプロポじゃだめなのですかね?

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月16日 at 6:36 PM | Permalink

      うーん?少なくとも私のはNine-Eaglesのヘリ、を付属送信機で飛ばしたとき、と、Nine-Eaglesのヘリ、をTACTIC TTX
      650(これは海外の会社でSLTの生みの親で向こうではAnyLINKと呼ぶそうなのですが、ややこしいことにはドイツでのSLTだけは他国のSLTとの互換性がないとかネットで書いてありましたが)という送信機で飛ばした時に限って起こっています。もっともGENERALLINKでNine-Eaglesのヘリを飛ばしたことはあまりないので自信はないのです。

      ただこのサイトで紹介しているWalkeraを始め、HubsanとかWLtoysとか、HiSKYとか、とにかくNine-Eaglesではないヘリをその会社の付属の送信機、あるいはこのサイトで紹介しているdeviationなど互換性のある送信機で飛ばした時にはこうした現象は全くありません。

      言われてみれば確かにNine-Eaglesのヘリだけですねー。しかも私のように機種が違っても全部Nine-Eaglesのヘリでなりますよねー。そして以前のSLTではないNine-Eaglesでもヘリの時は起こった記憶はない気がしますよねー。うーん???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)