真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

1.室内ヘリ初めての方のファーストバイはこれだ!(室内ヘリ初心者教室)

といっても好みによっても違ってくることは確かなんですね。で、どっちにしても簡単に飛ばせるしギミック満載でその後も何かと楽しめるということでこの一機を紹介して、その後場合分けして比較しながらレビューしていこうと思っています。

結構流行りましたのでご存知の方も多いんでないでしょうか?詳しくは専用にレビューしますが、確かに簡単に飛ぶし、写真撮影や動画の録画もできちゃうし、見栄えもええです。ただ少々高いのが難点で、カメラキット付きだと14000円程度しますわ。カメラなしだと10000円ちょっとみたいですが、それだと他の似たような期待より割高感が強いし、後でカメラキットを買うと15000円ほどかかりますから、迷うならこれでいいんでないでしょうか?

ただ過大な機体は禁物でして、録画しっぱなしだとフライト時間は短いし、世界初!9軸ジャイロ、なるものの性能はどこで効いているのか安定性では他にもっといい室内ヘリはあります。ヘッドロック、カムバック、フォローミーの機能は部屋の中ではどっかに激突するか顔面を直撃しますし、屋外で試そうにも他の室内用クアッドコプターと比較しても風に弱く、少々風が吹いてくるとこれらの機能は全然用を為さずに木の葉のように風に運ばれて行ってしまうので通常モードで帰した方が無難です。またNine-Eagles の製品群は他の会社の室内ヘリとは違ってリポの電力がなくなるといきなり落下してしまうという危なっかしいところもあります。

欠点ばっか書いてますが、そういう面もあるものの、十分楽しめる室内ヘリですし、仮にそのあと面白くなって他の室内ヘリを買うとしても一台持っていて損はない機体です。レビューはこちらからどうぞ

それではお好みの順にファーストバイおすすめの室内ヘリをざっとご紹介します。これらは実際に私が持ってますので後で専用のレビューを開始する予定です。

1.とにかく安くて飛んでくれるだけで結構な方。

2014-02-10_16-12-54これでええです、これで。色んな会社が色んな名前で販売してます。横っちょと後ろにチッコイローターが付いているヤツ。実はこれ、ラジコンですらなくて赤外線コントロールの4chでして、4chは外せない最低ラインです。3chとか3.5chとかはダメ。

ヘリコプターというものは、車やヒコーキと違って真横に移動することができるのですが、この動きができない3chや3.5chはかえって操縦が難しいのです。機体があらぬ方向に行ったときに4chならこの横の動き(エルロン)で移動できるのですが、3chだと車のように機首の方向を変えてから反対方向を目指さなければならないのです。実は意外とこれが大変。

ただ、この手はどこ製だろうが元は中国のどっかなのでだいたい2980円で買っちまえばいいのですが、移動のさせ方が原理的にヘリとは決定的に違うので、ヘリの操縦とは全く違う感覚ではあります。レビューはこちらからどうぞ

2.自分でも飛ばせるようならそのうち他のヘリに進むかもという方。

2014-02-10_16-17-52

これで決まりでしょう。こっちはちゃんと名称があります。Walkera社のLadyBirdといいます。そっくりさんのまがい物も数多くありまして、そっちでも飛ぶっちゃ飛ぶのですが、後が困るのです。

先に機体の説明をしておくと、Nine-Eagles Galaxy Visitor 2 が9軸ジャイロを名乗っているのに対してWalkeraは6軸ジャイロを名乗っています。フライトの安定性や風に対する強さ、フライト時間ではこちらに分がある世界的ベストセラーです。一見チャチに見えるカウリングも、修理やなんかの時にはそのありがたさが解ります。

オプションでGalxy 同様カメラキットや、FPVといって、機体カメラの映像を送信機側で見ることもできます。特にWalkera純正に拘ったのは、これらのオプションが豊富な点と、同社が送信機も作っている点で、Walkeraの送信機さえあればあとで他のWalkera社の室内ヘリにも使えるからです。レビューはこちらからどうぞ

一番安い送信機との組み合わせなら6000円前後でしょう。

3.ラジコンヒコーキとか他のラジコンとかしてるからある程度わかってるがヘリは初めての方。

2014-02-10_16-14-11最初からこれ行っちゃいましょう。これはWLtoys の V911(正確にはV911-1)です。1.2.で挙げたのはローターが4枚付いているところからクアッドコプターとか呼ばれますが、あまりに簡単に飛んじゃうし、なぜだか飽きてしまうのです。

私自身最初はGalaxy Visitor 2 から始めたのですが、なんか飛ばせてしまうと不思議と飽きてくるのです。三輪車に飽きた子供が自転車に挑戦するようなもんなんでしょうかね?自分でもようわからんですが。

これは本来の姿の室内ヘリで、飛行原理そのものが実際のヘリコプターと同じです。スタビバー(スタビライザーバーの略で安定性を重視するなら効果絶大)が付いているところは違いますが。ですから前2者に対して飛ばせるようになるまではなかなか難しいのですが、飛ばせた時の快感はクアッドコプターの比ではありません。クアッドコプターは飛ばせるようになると、どんな大きさのもんでも飛ばせちゃうんで、別にもう飛ばす気がしなくなるのです。

そしてなかでもこのV911をお勧めするのは、実に初心者向け、セットで6000円を切る安さと、飛ばしやすさ、そして頑丈さです。ちょっとやそっと激突したところで平然としています。

ただ欠点もありまして、一つにはジャイロが不安定なのか、簡単に離陸して飛ぶくせに、リポの残量が関係するのかスロットルスティックの開度に関係するのか、ゆっくり機首がどっちかに回転を始めます。これはトリム(微調整のボタン)をとっても無駄でして、飛んでる間中スティック操作が必要になります。またなぜかWLtoysの送信機はこの機体の性格のためでもあるまいに、ラダー(機首回転)トリムだけはいったん送信機の電源を落とすと記憶されずに、再度ONにしたときはニュートラルに戻ってしまいます。

しかし高ーいNine-Eaglesの練習機をぶっ壊して部品代に何千円か使うならもう一台買えちゃう機体ですし、もし次に高級な機体を買ったとしてもノンビリ飛ばすには最高の機体です。レビューはこちらからどうぞ

4.初めからどっぷり室内ヘリにはまるであろうと思ってる方。

2014-02-10_16-17-522.と重複しますが、内容は先に述べた通り。ただし送信機の方をやーすい4chのもんじゃなくて、最低でもDEVO7Eという7chくらいの高い7chくらいにしておきましょう。理由はさっきの通りですが、ドップリはまってスタビバー無しだの3Dフライトだのとなってくるとそのくらいのチャンネル数は必要です。

Walkeraは日本では「悪ケラ」とののしられているのですが、少なくとも私がこれまでに購入した中に「ハズレ」はまずありませんでしたし、非常に多くの種類の室内ヘリをそろえていますから、ステップアップするにも適当な機種があるはずだと思います。

他の会社は品ぞろえが少ない上に、あまり汎用の送信機を出してくれないのです。ですからいちいち送信機とセットで買うはめになって出費もかさみます。

それにこれは「ドップリ」の典型例ですが、WalkeraのDEVOシリーズはチップをハンダ付けしてやると、他社の室内ヘリも飛ばせる万能送信機、deviation という改造の楽しみがあるのです。このチップは「マイクロヘリ倶楽部」さんで売ってまして、ちょっと怖いですがハンダ付だけであとは海外の有志の方々が無料で開発している deviation という「ファームウェア」というものをパソコンと送信機をUSB接続してアップデートするだけで、そんなに難しいものではありません。レビューはこちらからどうぞ

   ここをクリックすると➡ 室内ヘリレビュー初心者教室 記事簡易表示が並びます。  

5 Comments

  1. しげ
    Posted 2014年2月12日 at 1:40 PM | Permalink

    こんにちは^^ お引っ越しお疲れ様です。
    私は相変わらず120で修業中ですw 今は左右と四角飛行してます(^◇^)

  2. zazazizi555
    Posted 2014年2月13日 at 10:55 AM | Permalink

    あー、お待ちしてましたよー!お懐かしや!見捨てられたかと心配してました。
    なんとかサイトの外枠はできつつあるので、平行してまた記事をアップしていきます。

    しげさんのアドバイスのおかげで私の120も直りましたよ!でも長いテールフィんの売ってるショップは見つからないのですが。

    で、直ってみると確かに手ごろな大きさで、室内でも屋外でもちょうどいいですね!

    私のほうは散々苦労しましたが、Nine-Eaglesの135、BO-105、4枚ローター、送信機の設定しだいではちょっと危なっかしいですが、飛ばせるようになりました。そお設定を参考に127 H500も俄然飛ばしやすくなりました。エクスポネンシャルはやっぱりしげさんの仰るとおりで私が逆に入れていたのです。そうした話もそのうちアップしますね。

    でも漫然と飛ばしているだけなので、やっぱ対面ホバすら無理で、左向きだけ何秒かできる程度です。

    そしてなんと、最後のお買い物も終了しました。そのうち出てきますが、Walkeraエアウルフ5枚ローターです。ラマが意外にも飛んでしまったので賭けに出たのですが、この高価な機体もなんと135より飛ばしやすかったです!
    ただベラボーに大きく重いので、とても室内で試す勇気はありません。庭で離陸テストだけしてみたのですが、結構風が吹いていたのにまあ大丈夫でした。

    ただ究極の浪費家の私もついに資金が底を尽きまして、あとまだレビューしてないのや届いていないヘリはあるのですが、あらたな購入はもう無理です。

    私はヒジョーに多趣味で学生時代からのろくでもないおもちゃがゴロゴロしているので、今はそれらをヤフオクで売りさばいて経営難を乗り切っているところです。

  3. しげ
    Posted 2014年2月13日 at 11:58 AM | Permalink

    大変そうですね^^;お気に入りだけを残しておけば良いですもんね。
    私の方は左右ホバは無意識に指が動くようになり、恐怖心はなくなりましたが、さすがに対面は室内ではしていません^^それなりの広さと高度で練習した方が良いですね。前後と横向き飛行は室内でもブレーキをかけながらやりますが、四角飛行は外でやってます。四角の一辺は対面ですから^^;きれいに旋回できることが今の目標です。
    V120は、テールフィンではなく、スキッドです。ヘリモンスターさんのアップグレードパーツにありますよ^^見た目はごっつい感じがしますが、軽くて、カーボンなんでかなり丈夫です。にょっきり機体が上がってテールすりすりしないのでお気に入りです^^

    • しげ
      Posted 2014年2月13日 at 12:04 PM | Permalink

      EXPはみなさん好みがあると思いますが、私は部屋ホバとか狭い所ほどやんわりさせない方が楽ですね。+10~15%くらいが良い感じです^^

  4. zazazizi555
    Posted 2014年2月13日 at 1:29 PM | Permalink

    あ、それなんだ!

    実は私120のプラ製スキッドの前の方を折っちゃって、どんな接着剤でも付かないもんですから、やっぱりヘリモンスターさんから買ったんですよ、せっかくだからとそのカーボンと金属製スキッドのヤツ。
    そしたら不思議と以前のようにテールローターが畳を叩かないなあと思っていたのですが、姿勢が上がっているのには気が付きませんで、他にテールフィンのあれば万全だと思っていたのです。

    確かに120では室内で対面ホバはする気になりませんね。V911で時々は試しているんですが、V911は簡単に飛ぶ割には変な挙動が多いのでやりにくいです。

    結局大昔に買ったmSRか、こんなもんが10000円もするか!というmSRXがいいみたいです。どえらく軽いせいか、激突しても全然壊れませんし、安定性と運動性がとてもバランスいいです。ただリポのコネクターが今や死滅しつつあるチッコイタイプなので、今度V911方式のに付け替えたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)