真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Walkera QRX 350 PRO 各部写真

ようやくデジカメの準備ができましたので色々とレビュー再開です。3Dプリンター準備のためのお片づけはあと3割くらい残ってますが・・

ところで壊れたと思っていたデジカメなんですが、なんと仕方なく買った同じカシオのEXILIMのバッテリーを入れてみたら普通に起動してしまいました。単純にバッテリーが完全放電しているだけだったようです。またトホホですが、まあそのうち空撮するときにでも乗せたれ。通常空撮用のカメラって軽いのはいいんですが、GOPRO HELO3をはじめとしてあれは広角レンズっていうんですか?ちょっと画面が曲面になるんですね。その方が広範囲に撮影できるということなんでしょうが、通常の撮影角度にできないならば不都合も出てくるでしょうから。その時にでも使ってみましょう。ちょっと重いけど。

外箱はWalkeraにしてはしゃれていて中身はこのように入っていました。箱は横が開いて引きずり出す方式なのですが、Nine-Eaglesのように鞄式にあくように工作すれば持ち運びに便利そうです。もっともWalkera用のアルミケースはなぜか安くて、SureHobbyさんではだいたい2000円から3500円くらいなので買ったっていいのでしょうが、もう余裕がありません。

内容物を並べたところです。ローターは分厚いのでちょっと接触したくらいでは破損しそうもないのですが、予備が入っているのは嬉しいです。このバカデカイリポが11.1V5200mAhです。脚は指で回せるネジでとめるだけで完成です。あとはローターをつけるだけ。

2014-03-16_7-27-35

モーターの軸には平面が削ってあってローター側にも突起があるので緩むこともなく取り付けられますし、各ローターの腕には取り付けるローターの回転方法が書いてあるので間違える恐れもありません。ローター軸のキャップだけは穴が貫通してあってこれは付属の六角を通して締めるべきでしょう。

ここが後部ハッチを開けたところです、実際に付属するリポを入れてみると横と長さは目いっぱいですが上下方向には若干の余裕がありました。

先代のQR X350 無印と並べてみましたが、基本的には同一で、機体下部ボディの厚みがまし、脚のゴムの形状が変更されていました。高さの差はほとんどこのボディ下側の厚みとゴム足形状の差のようで、脚部品そのものは同一に見えます。

2014-03-16_7-29-26

   ここをクリックすると➡ Walkera QR X350 PRO レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)