真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Walkera QR X350 再びIOC実験

広い場所でのIOCは見事に成功したQR X350でしたが、その前の庭での屋外フライトでは右に流れてIOCの実験には失敗しました。やはりこんなに狭いとダメなんだろうと考えていたのですが、ふとその際は機体が右に流れていくときに送信機も右に向けていたことに気が付きました。

そういえばWalkeraのサイトでのどうがではなんだか送信機のアンテナ方向に従って機体が動いていたような気がします。

ひょっとしたら庭でのIOC実験の失敗は狭さではなくて、送信機を右に向けたのが失敗の原因だったのかもしれないと思って再度実験してみる気になりました。

風の強い日でしたが、そうでなくても基本的に風に強いクアッドコプターです。それもQR X350クラスの大きさになるともうこの程度の風ではびくともしないので、そのフライト感覚はヘリとは全く違って全然平気で飛んでしまいます。だいたい空間の中央に持って行ってIOCのスイッチを入れてみました。右に流れ始めましたので、すかさず送信機を左に振ってみましたら、ダメですねー。IOCが入った瞬間に機体が反応しているのはわかるのですが、なぜかこの前のように右に流れて行ってしまいます。2回目はやはり機体が落ち着いたところで今度はスイッチをワン・キー・ゴー・ホームモードに入れてみました。ダメですね。やはり右に流れてコテンと墜落してしまいました。

このIOCは地磁気とかも感知しているので隣の家の鉄骨かなんかが邪魔しているのかもしれません。風が原因ではないとは思います。この前の屋外フライトでIOCに成功した時にはもっと強い風の中でも平気で静止していましたので。

   ここをクリックすると➡ Walkera QR X350 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)