真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Walkera WZQ2 修理 2

メインギアのすっぽ抜け問題については一応よしといたしまして、今度はボディの補修です。最初に割れた箇所にチョンチョンと瞬間接着剤を点でつけまして、位置を固定してから裏側から今度はべたーと瞬間接着剤を流しまして、また硬化剤スプレーです。グラス繊維も持ってはいるのですが、そこまで補強する必要もないかな、と思ってます。

 

これにプラモデル用のエポキシ造詣パテを薄く塗り伸ばしました。完全に硬化したらペーパーがけをするつもりです。元々割れ目を隠すだけなのでこんなに塗らなくてもいいんですが、そこがヘナチョコたるゆえんですわ。自然とこうなっちまいました。

速乾型パテというのもあるのですが、作業がもたもたする私には無理だろうと通常硬化の方を使ったのですが、それでもやっぱ硬化するのが早いです。急いで作業しないとすぐ固まり始めます。

おまけにこれ、手に引っ付きまくるのを忘れてました。ホントは横に水を置いておいて作業するのですがうっかりしていたのです。やむを得ずベタベタし始めるたんびに舐めてやってましたらそのうち気持ち悪くなってきました。

 

よく見たら落下したときにこの主脚のかたっぽの支えも折れてました。どうも通常のプラスティックとも思えないのですが、これの材質ってなんなんでしょう?一応模型用のABS接着剤というのは持っていて、ラジコンカーのポリカーボネートという材質に使えるらしいのですが、これまたよくわからんのでとりあえず瞬間接着剤を使ってみたら、今のところ引っ付いてます。

それこそ3Dプリンターの使用がものになれば作れそうな部分です。

   ここをクリックすると➡ Walkera WZQ2 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)