真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Walkera WZQ2修理 2

ボディまで割れてしまったWalkera WZQ2 1号機の修理の続きであります。

前回エポキシパテを塗ったくってから二日か三日立ちましたからパテは完全に硬化しているようです。こんどはこれの余分なところを削り落とす作業です。

 

こういうときに役に立つのがプラモデル用の工具です。上の赤いのは早い話が電動歯ブラシの先に両面テープで耐水ペーパーを貼り付けただけのもので、丸部分が回転方向左右に動くのです。1500円するのでバカみたいだからスーパーで本物の電動歯ブラシを買ってきてペーパーをつけてみたのですが、充電式で15分も立たないうちに電池がきれてしまいまして、結局買いました。下の青いのは前後方向に2段階のスピードで動いてくれるものです。上のと同じくらいだろうと値段も見ずに買ってみたら3000円も取られました。

しかしこれらの工具の威力は絶大で、私はプラモデルも作るのですが、なんでこれを早く買わなかったんだ、と思うほど便利です。しかしラジコンヘリを直すのに使うことになるとは思いませんでしたが。これらはこんな感じで使います。

 

9割がた削ったところでこんな感じにまでなりました。この先は仕上げですから1000番のペーパーで慎重に滑らかになるようにします。

ただ問題なのはこのオリーブグリーンみたいな色が再現できるかどうかと、ブラックのほうもどうも完全な純色の黒に見えないところで、この色あわせというのは非常に難しいのです。完全につや消しなのが救いで半つや消しだとつや消しの程度がまたわからないのですが。同じ色を調合するのは私にはほぼ無理ですので、マーキングとして白い帯を巻くような塗装でごまかそうかと思っています。

   ここをクリックすると➡ Walkera WZQ2 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)