真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

も一回Walkera 4F200LM ラマ飛ばしました。

このカメラ横向きはいいですね。こっちの方がたぶんご覧になっていても面白いでしょう。

エアーウルフを飛ばした後にこのラマを飛ばすとホットします。それほど安定性に差があるのです。個人差なのかもしれませんが、Nine-Eagles SOLO PRO 135 BO-105 よりよっぽど安心してフライトできます。

このラマってそもそも実機自体骨組みだけみたいなヘリですし、スケール感満載で、しかもエアーウルフのようにボディを外さないと整備できないといったことがありませんから、最高ですね。

この場合も本当なら送信機側の設定をちまちま詰めていくべきなのかもしれませんが、別にいい加減にしておいても飛んでしまうので、エアーウルフのようにデュアルレートとエクスポネンシャルを1単位づつ変更して・・とかしてません。大雑把に10単位とかそれでちょっと飛ばしにくいなあと思ったらテキトーにエクスポネンシャルを5単位戻すとか、その程度で飛ばしています。

このラマもやはり離陸時に右エルロンを打つ動作はありません。

しかし以前それほど荒い着陸をした覚えはないのにスキッドが歩っきりいったことがあるので着陸だけは他の室内ヘリよりそっと降ろすように注意しています。また何もしてないのになんかこのフライトではマストの根元の辺からなんかガラガラ音がします。大きな音ではないのですが、なんでしょう?やはりこういうのはちゃんと確認すべきなんでしょうか?ああメンドーです。


話は違いますが、このラマも採用しているこの手のコネクターなんですが、最初のころ私はこれは大事な部分だしと力いっぱい力で根元まで差し込んでいたのですが、そうすると今度は外す時にいくら引っ張っても取れなくて、コネクター自体は滑りやすいのでリード線が切れやしないかとひやひやすることが多いので、今では外れない程度に確認して根元までぎゅうぎゅう差し込むのはやめてしまいました。

   ここをクリックすると➡ Walkera ラマ 4F200LM レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)