真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

京商FBL70をはじめとしたHiSKY社の室内ヘリたち

実はかなり以前に既にこれは購入済みではあるのです。そのうちレビューはするつもりなのですが、表題のようにこれ、日本では京商で売ってまして、アマゾンさんでも手に入るときもあります。しかし京商さんもこれについてはやる気がないのか、「HiSky」という名称すらそのまんまで売ってます。じゃあHiSkyという会社のヘリかというと、実はWLtoysのV955という室内ヘリもカウルが違うだけで同じ製品だったりします。

そんな感じで混乱があるのでそこら辺を整理してからと思っていたのですが、まだ部屋の片づけが途中でフライト動画もないので、今回は室内ヘリ辞典の一部としてこれらの製品群についてプロトコルはなんなんだとかを含めてご紹介いたします。

先に結果から言いますと、どうやらこれらの製品群は最初HiSKY社が開発販売して、その後WLtoysをはじめとした他社が同じ製品を売り出しているもののようです。そのためこれらの製品群は販売会社が違っても基本的にはHiSKY社のプロトコルで動いていて、同社は一応6ch送信機も販売していますので、そのX6Sという送信機でバインドできます。

ただ中にはプロトコルは別のものを採用している会社もあるようですが。

で、機種名ですが、次のようになっています。

FBL70 (HFP80, V955)

2014-02-27_18-11-28

 

 

 

 

 
FBL90 (HFP100, V944)

 

 

 

 

 

 

FBL80 (HCP80, V933)

 

 

 

FBL100 (HCP100, V922)

 

 

 

 

 

それとクアッドコプターとして、
FF120 (HMX120, Q-BOT micro)

 

 

 

 

 

以上のようなものが存在します。

最初の京商のFBL70が10000円前後で、「まあまあ飛んだ」ので、WLtoysの他の製品も入手したのですが、なんか送信機の設定をミスしてるのかしら?と思えるほど難しくて、そのためまだレビューしていないのでした。

V911は非常に安いので魅力なのですが、これらFBLシリーズは対して安くはない代わりに難しいので私を含めて初心者の方は買わない方が無難な気がします。京商から販売されているものはやはりHiSKY社のX6Sなので、これならいわゆる技適マーク付きかもしれません。ただ私の送信機は故障なのか、本来6機メモリーできるはずが、最後のイッコしかメモリーの空きがなくて、他のスロットはFBL70以外の上記の機種で固定されていました。

   ここをクリックすると➡ 室内ヘリ辞典 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)