真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

バキュームマシン完成!

のっけから穏やかでない写真ですが、ニュースで覚えておられる方もいると思います。愛する飼い猫の死が忍びなくてクアッドコプターのラジコン室内ヘリにして飛ばしているというオランダの方です。
愛情表現の方向性に首を傾げているのは私だけでしょうか?とにかく怖いです。
この方、今後お友達がなにかにかこつけてはお家に来ないようになると思います。奥さんも離婚調停を考え出すと思います。子供さんはドラッグにはまると思います。まあいいです。

それはさておき昨日から不眠不休で突貫工事中でありましたバキュームマシンがついに完成したのであります。

台座の部分は二種類作ってみました。大きい方で40cm×20cm、小さい方が20cm×17cmです。

だいたいがバキューム製法自体全然したことがないのですからこんなバカでかいのが作れるんかいなとも思います。

 

 

 

 

これが一番デカいシロモノ作成用になります。

この取っ手が付いた枠にプラ板とか塩ビ板とかをクリップで止めて、やたらに穴ぼこが空いた下の台座部分に掃除機の先っぽを差し込んで空気を吸い込みながら、熱したプラ板などを押し付けると布団収納器みたいに置いた型の通りにプシューと出来上がるそうであります。

 

 

 

 

 

小さいもん作る時のためにネットで調べてこの台座を三段階に大きさを変えられるようにしてみました。左のが中ぐらい用で右のが小型用です。

 

このパンチングメタルという名前のアルミ板が安いのが無くて、ハンズマンで一番安いのを探して2500円くらいもしましたがな。でもこの大型マシンを作っても余りが出ましたので、チッコイのも作ってみました。これが20cm×17cmとハンパなやつです。

どれもこれも枠の木材はダイソーさんで1本100円のが数本でできました。プラ版側のアルミの枠はL字型の1.5mのが350円くらいでこれもハンズマンですが、他にも自分の部屋の戸棚の修理用とかで数本買っておきました。どれも取っ手に木の棒をつけているのはプラ板とかを電気コンロで熱するそうなので熱いのかもしんないと思ったからです。

 

 

 

 

 

最初のテストはこのBO-105のヒビが入っちゃったキャノピーで試すつもりです。まだ部品として売っていないからということもありますが、私はなぜゆえにかスケール機のキャノピーは透明でないとアカンというこだわりがありますもんで、これを元にしてなんとか熱に強い原型を作って、それをこのバキュームマシンで自作するのです。

これが成功するようなら前から言っていた3Dプリンターで型を作って、同様に熱に強い型に写してこのバキュームマシンで作るという壮大な計画であるのです。

   ここをクリックすると➡ 自作ヘリプロジェクト! 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)