真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

自作ヘリプロジェクト・及びWZQ2の修理

MACさんから改良版ハインドデータが届きました。どのくらいのポリゴン数で曲面になるのか確認したいとのことで、私も興味を持っていましたので、全然手を加えずにFlashForgeで出力してみることにしました。

ところがWin7のRipricatorで読み込もうとするともらったSTLデータを開いた時点でハングアップします。その後の調べでどうも私のWin7のなんか変なドライバーが邪魔しているのかもsれません。その後Win8のノートで開くと読み込めはしたのですが単なる空間だけで何も無いのです?ところがMakerWareの方ではちゃんと読み込めるのです。

 

その後六角大王のデータももらったのでこれも無加工でMakerWareで読み込んだところ、頭を下にして垂直になります。まあいいや。テストですから。ちなみに今度は全長85mmほどのミニサイズを無理を承知で0.05mmピッチの積層で出力してみましたら1時間45分もかかりました。

ついでにまだ試していなかった「支え」も出力するように設定し、中身は要らないのですが、以前のデータでは10%に指定していたので15%にしてみました。

どっちにしても溶けたプラスティックを重ねて行く理屈ですからこの大きさだと尾翼付近が微妙な気がします。

 

 

やはり尾翼部分が変形してしまいましたが、これは予想していたのであまり気にはしません。室内ヘリの大きさなら大丈夫でしょうから。

またこの変形は頭から上方向にプリントしていったことにも原因があるのかもしれません。とにかく大事なサンプルです。

 

 

 

これは「支え」の部分です。最初がピンクがかっているのは多分はじめてPLAを使ったのでノズルかパイプの不純物なんじゃないでしょうか?

これは本来指でパリパリと取れるはずのものなのですが、PLAの特質なのか、対象が小さすぎたせいか、あるいは支えは別の素材ABSで出すものだったのか、とにかく一部はプリントアウトしたものと完全に一体化してしまっていてどこが境目なのかよくわかりません。

 

 

 

でも元の形は解っていますので、残りの「支え」をカッターで削るとこのようなものになりました。積層のピッチを0.05mmにしたので以前のサンプルより表面は滑らかなのですが、いかんせん素材が白いものでカメラもヘナチョコな私は何回撮りなおしてもこのザマです。

室内ヘリの大きさにするなら文章で表せば曲面についてはポリゴン数で言えばこのデータの2~3倍から10倍は必要な気がします。例えばトイストーリーに出てくるキャラクターぐらいは使うべきかも知れません。

 

ついでにこちらは壊れたWZQ2の垂直尾翼です。これも3Dプリンターの使用を考えないでもなかったのですが、単なる0.5mmのプラバンですし、なんかバカバカしいので普通にプラバンから切り出すことにしました。

ただしこのようにいらん金具状のモールドが施してあります。

 

 

 

 

 

そこでまたまたプラモデル用素材の登場です。これは「型おもい」という変な名前のシリコン状の物質で、常温では消しゴム程度の弾力と硬さなのですが沸騰したお湯に数分つけるとグニャグニャに柔らかくなります。その状態で型を採って、パテなど部品を作るのです。何回でも使えます。

 

   ここをクリックすると➡ 自作ヘリプロジェクト! 記事簡易表示が並びます。  

13 Comments

  1. MAC
    Posted 2014年3月31日 at 10:59 AM | Permalink

    出力ありがとうございました。 さすがにこの大きさだとボヤけた印象ですね、もっとエッジが利かさないと何なのか判りづらいですね。これにバキュームをかけたら更にボヤけるだろうし。

    ポリゴン数は送ったデータの3倍くらいが限度かな。ウチのPCスペックじゃ。

    作りこみがムズイです。ぺパクラでは凸凹を作らないので、窓と窓枠作るだけで数時間。作ったは削除の繰り返しです。

    ココにハインドの3Dポリゴン画像がありました。
    http://precise3dmodeling.com/models/aerospace/mi24.html
    結構参考になりますよ。

  2. zazazizi555
    Posted 2014年3月31日 at 12:27 PM | Permalink

    私自身も模索中なんですが、例えば「球」を六角で作ると最低限えらく少ないポリゴンでしょ。

    ポリゴン数の問題じゃなくて、曲面表現をあとで付け加えるかどうかなのかもしれません。六角さんでいえばペンギンとかありますでしょ。レンダリングすると、滑らかに見えるやつ。

    ああいう作り方であればいいのかもです。

    それとHindの画像みましたー、スゴイスゴイ!私もあれくらいのを作りたいのです。できるかどうかは別として・・

    ちなみに考えてみたら筋彫りやリベットは必要ないですね。すみませんでした。どうせあとから出力されたものからもういちど型を取るのでそこで手作業で入れた方が早いですね。

  3. MAC
    Posted 2014年3月31日 at 11:42 PM | Permalink

    Mi-24 3d modelで検索したところ、登録すれば無料でダウンロードできるサイトがありました。

    ハインド
    http://www.3dcadbrowser.com/download.aspx?3dmodel=2078

    カモフ
    http://www.3dcadbrowser.com/download.aspx?3dmodel=63241

    著作権等の問題が出てくるかもしれないですが、1度覗いて見ることをお奨めします。

    • zazazizi555
      Posted 2014年4月2日 at 8:51 PM | Permalink

      あれれ?すみませんでした?なぜかMACさんのコメントが承認待ちになっていました。変だなー?とにかく以降は反映すると思いますが・・

      で、ここでしょ、実は私もやったーと思いきや、無料登録だと自分がイッコアップローとするとイッコダウンロードできる仕組みらしく、有料だと12000円くらいで5個までダウンロードできるということらしいのです。

      うーん・・確かにハインドもアパッチもマングスタまであるので魅力的ではあるのですが、もう財政難だし・・

      でも既にアップしてますが、マングスタとアリゲーター以外は他のサイトでフリーダウンロードを発見しました!

      確かに著作権が気になりますが、室内ヘリ用に加工してしまうのだからダメかしら?

  4. MAC
    Posted 2014年4月2日 at 11:13 PM | Permalink

    ギブ&テイク製でしたか。よそで入手したモノを手直ししれアップするとか。(笑

    いずれにせよ、バキュームまでの工程を確立してからですね。ハインド型キャノピーが楽しみです。

    • zazazizi555
      Posted 2014年4月3日 at 7:39 AM | Permalink

      へい、だいぶん見込みが出てきました。

      それにしてもMACさんのコメントが最近承認待ちに入ることが多いのですが、パソコンとかスマホとか複数お持ちでしょうか?原因が不明なんです?

      通常一回承認したらその方は以降承認なしでコメント表示できるのですけど・・ご迷惑をおかけしています。

  5. MAC
    Posted 2014年4月3日 at 11:48 AM | Permalink

    あっ もしかしてクッキーを捨てたのが原因かも。ネット広告がウザかったので・・・。

    私の方も、立体的な窓の作り方がわかりました。ハインドのような飛び出した窓は特別ですが。

    • zazazizi555
      Posted 2014年4月3日 at 7:16 PM | Permalink

      いやー申し訳ありません。どうも私側が原因のようで、やたらに自動コメントしてくるグッチのパチモノがどうしたとか春先流行オメガがなんとやらのネットショップ系から承認を要求してくるのをサイトが自動的に防いでいるのが勘違いしているようで、他の方々のも同じなんです。

      今一応応急措置はしたつもりなんですが、もし再発したらすみません。もちろんまた承認しますとも。

    • zazazizi555
      Posted 2014年4月3日 at 7:27 PM | Permalink

      それと散々悩んだ挙句、マングスタとKa-52だけは下記から有料で買いました。安いのから高いのまであったのですが、二つで10000円くらいもしましたがな。

      でも「勝手にしてくれても構わないけどそのままゲームとかに使うとヘリの本社からなんか言われるかも」という書き方でしたので、これならいいでないかと思いまして。

      私の方はまず練習として六角さんでV120のスキッドを作ってます。そのあと曲面の練習としてV120用SFチックカウリングを作ってみようかと。これなら重すぎて飛ばないということはなかろうと思いまして。

      http://www.flatpyramid.com/

  6. しげ
    Posted 2014年4月3日 at 8:36 PM | Permalink

    V120用 良いですね~^^ 

    • zazazizi555
      Posted 2014年4月3日 at 9:39 PM | Permalink

      あ、しげさん。V120にピピピと反応しましたね!さすがです。

      確かにV120の大きさは室内屋外を楽しむのにちょうどいいですしそもそもが超安定しているので非常に検討中なのです。ただ全面を覆ってしまう形のボディだと重すぎるかもなーと思って、SFチック前面だけカウルと、前2輪後ろ一本下向き垂直尾翼、及び水平尾翼をつけたらちょっとカッチョイイかもですし、それくらいならなんとかモデリングできそうだと思いまして。

      キャノピーはハインド風マルッコイカタと、ドイツ戦車風カクバリカタを考えてます。

  7. MAC
    Posted 2014年4月3日 at 11:19 PM | Permalink

    想像してたよりポリゴン数は少ないんですね。出力時にどう加工されるのか興味深々です。

    >これならいいでないかと思いまして。
    大丈夫かと思いますが、ワルケラでさえエアウルフをエアウルフじゃないヘリとして(塗装やらローター枚数やら)販売しているので、どこか少しだけ変えるのも手ではあると思います。

    • zazazizi555
      Posted 2014年4月4日 at 11:03 PM | Permalink

      言われてみればなるほどと気がつきました。それでわざわざ絶対これだとわかるヘリや戦車に名前がついていないものが多いんですね。E-1003だってどっからどうみてもコマンチでしょうに?って思っていましたが合点がいきました。

      そんな大量に販売するつもりなどさらさら無くて、ここで紹介して買ってくれる方があれば、ぐらいのものですが、納得できました。どうせ細部は変えざるを得ないし、実機名は出さないようにしましょう。でもこれは冗談ですが、自衛隊さんとかなら宣伝になるからと返って喜ばれたりして・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)