真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

ほっほっほ!ハインドの型紙

ここ二三日の間、自作ヘリボディのために「六角大王」なる3Dモデルを作るためのソフト、各種使いやすくて私でもできるんはなかろうかと悪戦苦闘しておりました。このサイトを読んでいる方の中には、そういうことを私ができるんだと誤解している方もあるかもですが、正直そうじゃなくて、できるはずなんだが、と思っているだけでございます。

そしたらご親切にもそういうことが得意なMACさんがさっさと型紙を作ってくれましたよ!えっへっへ。幸せのきわみです。

 

早速出力したのがこれです。形状と重みに耐えられるのかテストボディを作りましょう。

上に乗っかっているのはV911です。型紙の出力は自由に変えられるので大雑把に決めたところ若干小さかった気もしますが、これをスチレンペーパーに写して作るつもりなんであとは現物あわせで行くつもりです。

それにしてもこの六角大王とペパクラデザイナーというソフトは便利というよりなんか使っていて面白いですね。

 

 

これらは全部「六角大王」で作った後で自動的にペパクラデザイナーに引き渡したデータです。「六角大王」でモデルを作って、ペパクラデザイナーではそれを勝手に展開図、つまり紙に印刷して切り紙細工、今風に言えばペーパークラフトにしてくれるのです。どのようなきり方にするかとか、紙への印刷位置も自由に決められますし、「六角大王」と一緒に使うことで、簡単にできるものから、精巧なものまで自由に設定できます。

もっともあまりに精巧なものを出力しようとすると、切るところと折るところだらけになって大変ですからそこらへんの兼ね合いも自由に加減できるのです。

 

No-0089No-0090

 

 

MACさんはまたまたご親切にも「六角大王」のデータまでくれまして煮るなり焼くなり好きにしてくださいとまで仰ってくれました。実に感謝の限りでもったいなくて足を向けては寝られないところですが、幸いどっちにお住まいなのかはしらんです。

この場を借りて再度御礼申し上げます。

   ここをクリックすると➡ 自作ヘリプロジェクト! 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)