真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

3Dプリンター・Flash Forge Creater サンプル出力

よーやっとのことでお部屋も片付けたので、早速3DプリンターFlash Forge Creater を動かしてみました。3Dモデルの設計はまだ神経を病むほど唸らなければならないんでしょうからとにかくオマケでついてきたサンプルデータを出力してみます。

これ、最初は常時パソコンとつなげておかにゃならんのかとうんざりしてたんですが、幸いなことに作ったデータをSDに保存して差し込めば、SDからスタンドアローンで動かせるようです。

日本正規代理店経由で購入したにしてはメイドインチャイナでマニュアルも素人くさい数ページのワープロのコピーだけという怪しさ大爆発のプリンターであります。

詳しい説明はここ室内おヘリレビューで要るのかどうか疑問ですが、今回は略してそのサンプルデータの出力の様子をお目にかけましょう。

データは高さ10cmのものでしたが、テストですし、どの程度時間がかかるのかもわかりません。これをアプリ上で高さ5cmに縮小しての印刷です。

 

この下の金属プレートは110度にプレヒートします。ヘッドは左にABS樹脂を通して使ってみました。プレートに貼ってある青いテープはたぶん後で出力したものがプレートに引っ付かないためのものなんでしょう。なんか布か紙テープみたいな3Mのものです。

最初にお好みで網の目状の土台を出力してくれます。これがあると後で作品を取りやすいらしいです。

 

 

液晶にはこのようなリアルタイム情報を表示してくれます。48%の段階でここまで出力しました。時間的には10分程度です。

No-0163

No-0164No-0165

さらに82%でここまで出力できました。

No-0170No-0169

 

最終的な出来上がりです。25分かかりました、右は裏面でこのようにロールしたPLAとABSを配置しています。ノズルは二つ同時に出力が可能で、例えばPLAの白とABSの赤、両方PLAで黒と青、そうした組み合わせで同時出力して2色刷りの作品を作ることも可能です。

No-0173No-0166

 

サンプルの台座の網目は指で簡単にはがせます。これは中身が詰まっているものではなく印刷設定で10%にしています。意味するところは「肉抜き」で内部は格子状の網になっています。この値を100%にすれば逆に全てぎっしり中身が詰まった作品になります。

見て解るように細部に若干の変形と、精度の問題で細かな等高線が残りますが、これはしょうがないでしょう。最終的には電動やすりで削らなくてはなりません。

No-0174

   ここをクリックすると➡ 自作ヘリプロジェクト! 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)