真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

六角大王Super6

ペパクラデザイナーに付属してくる六角大王はそれなりに便利でそれだけでも我慢すればいいのではありますが、致命的にメンドーなことには3D関係の汎用フォーマットであるDXFファイルを読み込みはできますが、書き出すことができないという制限があります。その代わりに直接ペパクラデザイナーと連動できるという便利さがあるのですが。

しかしこの読み出しはできても双方向への受け渡しができない不便さというものは私これまで散々味わってきましたので、ここは奮発して製品版の「六角大王Super6」なるものを購入いたしました。業務用の3Dアプリは例えば3DSMAXとかが有名ですがベラボーなお値段がしますし、第一フォトショップとかイラストレーターさえ必要に迫られてようよう使っている程度で、これらも個人的にはタダのソフトであるGIMPとかInkscapeとかで済ませているのです。

 

これがパッケージであります。ほんの少しだけマニアックな香りが漂ってますがこのくらいならまあ許せます。

一度ソフトは買ってやるから漫画を描けという妙なお仕事があったのですが、そのときのナントカスタジオなるソフトは思わず気絶するかというくらいのビショウジョフィギュア的パッケージでありまして、これを家に持って帰ったら確実に変態扱視されると思いまして、既にレジでは変態にされてたとは思うのですが、たちまち箱はその場で公園のゴミ箱に捨てました。

 

 

 

嬉しいことに立派な分厚い本のマニュアルが入ってました。私こう見えて結構アナログ人間です。やっぱ手元ですぐ取ってパラパラめくって調べられるのは便利です。

 

 

 

 

パッケージにはいっぱいおまけ的データを入れてあると書いてあるし、左上にシコルスキーナントカという古臭いヘリの見本が載っていたのでこれがあれば助かるなーと思って早速付属データを探してみたらなんてこったい!私が大好きなAH-64アパッチがまんま入っているではありませんか!!こりゃこれだけでもヨドバシカメラさんに6千なんぼ払った甲斐はあったというものです!!!

No-0112

   ここをクリックすると➡ 自作ヘリプロジェクト! 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)