真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

AWESOME Stormer220 レビュー

ジョン・スミスでございます。

しばらくぶりの記事ですが、新型マルチコプターのご紹介となります。

この春にAWESOMEから発売されたStormer220をレビュー。

DSC_6136

前作のF200より更に全高が低く、アームが前後に延ばされたストレッチフレームとなりました。

フライトコントローラーはAWESOMEオリジナルでTower型のOMNIBUS F4 Puls、前作のF3と同様にVTX一体型となっています。

DSC_6138 ESCは4in1で35A、PDB一体型と省スペースに貢献。

確かにフレームの高さが低いため、搭載メカを選ぶ構造になっています。

 

 

 

 

 

モーターもオリジナルの2308 2200kv、これは6Sバッテリーの搭載を考えたスペックと思われプロペラは5042が標準。

DSC_6137

カメラは最近出てきた600TVL CCDでカメラOSDのスイッチが基盤上にある物、16:9の解像度は使用するゴーグルを選ぶことになるでしょう。

DSC_6139 レンズは5MPの2.5mm IR Blockタイプです。

 

 

 

 

 

 

フライトコントローラーに一体となっているVTXは、25mW、100mW、200mWと出力調整可能で48ch。

BNF完成機ですので受信機を積んでBetaflightのレシーバー設定だけですぐに飛ばす事が出来ます。

私はフタバS-BUSタイプの受信機を搭載しました。フライトコントローラーに接続するカプラー付きハーネスが同封されています。

ただ、デフォルトのPort設定はUART6にSirial RXスイッチがONになっていますが、接続する場所はUART1ですのでONにする箇所を変更する必要があります。

 

フレームのアッパーデッキはCUBEタイプのカメラを搭載出来るスペースと、シリコン製のカメラカバーが同封されています。

DSC_6149 DSC_6141

 

 

 

 

このStormer220、FPVレーサーとしての用途の他にカメラを積んでフリーフライトとしても考えられていますね。

また6Sも対応可能ということで超高速フリーフライトの楽しみ方も出来そうです。

 

 

 

 

 

LED一体ブザーも標準装備です。

DSC_6140

全体的な印象は、最新のスペックでバリバリのレーサーでは無く色んな楽しみ方が出来る万能機と思います。

飛ばした感じもそうで、スロットルに対しても過敏過ぎず全体的にマイルドで扱いやすいと感じました。

今回は4Sリポで飛ばしましたが、これが6Sだとまた印象も変わると思います。それでもバランスが良く安定したフライトが可能でしょう。

入門者でもステップアップでも上級者のフリーフライト用でも幅広く対応してくれるでしょう。

 

 

 

John Smyth

   ここをクリックすると➡ CLEAN FLIGHT, ジョン・スミス氏コーナー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)