真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

FLYCOLOR EVERWING レビュー

ジョン・スミスでございます。

続いてまたまた新型レビューです。

まだそんなに告知されていないFLYCOLORの完成機、EVERWINGが一足先に手元に来ましたので早速飛ばしてみました。

 

DSC_6142

 

FLYCOLORと言えばESCやTower型フライトコントローラーで有名なメーカーですが、今回は完成機を発表しました。

先にレビューしたAWESOME Stormer220と同じストレッチタイプのフレームです。

このフレーム、Stormerと全くネジ位置が同じなんですねぇ~、フレームはAWESOMEで作っている物で間違いないと思います。

フライトコントローラーは既に販売されているTower F4ではなく、VTXも一体になった新しい物でOMNIBUS F4です。

DSC_6144

VTXは25mW、200mW、600mWを選択可能で48CH。

電波を発しないピットモードも搭載しています。

 

 

 

 

 

アームにESCに搭載されているESCは、なんとX-Cross 50A!D-SHOT1200対応。

DSC_6143

この機体も6S対応で、モーターが2306 1800kv。プロペラは5042が標準です。

DSC_6148

このモーターもKV値が低いのは6Sの使用を前提としているのでしょう、4Sで5042プロペラだとどうかなぁ?と思いました。

 

Stoemer同様低いフォルムのフレームですが、このEVERWINGはアルミのサイドフレームが良い感じで湾曲していて、美しさとメカ積みに多少の余裕を与えています。

今回はPDBボードとフライトコントローラーの高さを若干嵩上げし、間に受信機を積み込みました。

DSC_6145

このEVERWINGはFrsky XMの受信機が最初に搭載されているPNPです。

S-BUSなので、同じ個所にフタバ系S-BUS受信機を接続すればOKです。

 

カメラは、これも新型の600TVL CCD、5MP 2.5mmレンズ。

DSC_6146

 

LED一体ブザーも搭載、このアッパーデッキはフレームに合わせてあり、Stormer220のようなカメラの搭載は考えていないようです。

DSC_6147

 

またロアフレームの肉抜きもかなりされており、軽量化が図られています。

 

早速フライト。

これ、驚きました!

1800kvで5042プロペラなのでマッタリしているんだろうなぁと思っていたのですが、グイグイ引っ張ります。

しかも甲高いモーター音がしないので見ている人は「音も無く速い!」と感じていたようです。

トルクで引っ張る感じがFPVで飛ばしていても感じ、スロットルをそんなに上げなくてもグイっと高度が上がります。

これで6S積んだら、とんでも無い機体になるんだろうと思いました。

もちろんスロットル操作が楽なので入門者も扱いやすいでしょうし、ステップアップには持ってこいと思います。

上級者には6S積んでかっ飛ばす良い機体だと思います。

 

完成機で価格は少々高いですが、新しいアプローチで発表された機体と感じました。

 

フライト動画です。

 

John Smyth

   ここをクリックすると➡ Beta Flight, CLEAN FLIGHT, ジョン・スミス氏コーナー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)