真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Walkera QR Infra X レビューにしてフライト動画

Walkeraのマルチコプターシリーズは通常QR Xというアルファベットで始まるのですが、この場合QR X Infra X ではゴロが悪かったんでしょうね。さすがに。でもQR X Infra Z でもよかったろうに・・

解説のページでも書いたようにこれこそパチモノ好きの怪しげなもの好きの私だからこそ買っちまったものであります。何しろ赤外線センサーはまだしも時々お目にかかりますが、超音波センサーなんぞ健康診断の時くらいしか日常的には無縁のものですから、超音波センサーにお金を払ったと言っても過言ではありませぬ。

やはりそんなもんイランという人が多かったのか、現在激安になっちまった上にSureHobbyさんではとうとう送料無料でありますよ。

本日はもう部屋の片づけで死にそうになったのでもう神経を使う室内ヘリには手を付けたくなくて久ぶりにこのInfra Xなるシロモノがどんな飛び方をするものかご紹介するのです。しかしどうも片付けというものは最後の1割が決まりませんね。一応色々蓮舫議員波に仕訳事業をしたわけですが、さてそれをどこにしまおうかというトコロで迷ってしまいます。したがってまだ3Dプリンターは設置できませぬ。

それはさておきこのInfra Xなる室内ヘリは、床からの高さを超音波センサーで感知し、壁というか水平方向の障害物は赤外線センサーで感知して、落ちずぶつからず、という謳い文句です。

最初飛ばした時のがこれであります。この時はまだセンサーは切ってあります。基盤はセンサー分が別基盤の2階建てで重さがあるはずですが、手で持った限りではそう感じません。リポは3.7V600mAhです。

センサーは基板上のディップスイッチで超音波、赤外線を独立してONOFFできますので片方だけ効かすこともできます。全部ONにしてスティックから手を放してみました。

じゃあセンサーONでスティック操作をすれば対面ホバとかの補助になるのかと2回ほど試してみました。

全然ダメですね。本日久しぶりにフライトさせてみました。

これできちんと操縦しているのですが、返ってダメダメですね。ただ気持ちはわかるのです。途中ぴょんと飛び上がっているのは超音波センサーが丸椅子の高さを感知してしまうからです。奥の壁際で上昇してしまうのも積み上げた箱とかの高さを感知してしまうからです。ではと右側のふすまに近づけると、今度は下には何もないので赤外線センサーが働いて、スティックを倒してもちょうど空気の壁に押されているように手前に傾いて戻ってきます。ただ水平方向は壁とかの平面だけでなく、カメラの三脚だろうがなんだろうが感知してしまうのでそのたびにあらぬ方向に避けようとしてくれます。

結局センサーを切ればよく飛ぶクアッドコプターという位置づけになってしまいましたが、でもこれらセンサーってなんかそのうち役に立ちそうなので面白がっている私でした。

   ここをクリックすると➡ Walkera QR Infra X レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)