真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Walkera QR Infra X 解説

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近どえらく安くなったうえにとうとう送料無料になってしまいました、SureHobbyさんのWalkera QR Infra X さんで御座います。

マルチコプターってあまりに簡単に飛んでしまうので、注意するべきはスロットルの操作だけですから一番最初にお空を飛ぶにはいいのですが、どうしても飽きが来るのもはようございます。それ故ということもあるのでしょうし、また通常のヘリコプターの格好をしているものよりもえらく風に強いということもあるのでしょう。大型の機体になると空撮や、FPVといって機体に積んだカメラの景色を送信機側で眺めながらフライトするというようなものが多いのですが、小型機になるとさすがにそれは重量的に無理がきます。

で各社趣向を凝らしてギミック的なものを搭載するのですが、なんとこのInfra X は地面に対しては超音波センサー、横方向の障害物に対しては赤外線センサーを使って、絶対落ちませんしぶつかりません、という機能を持っております。まあ絶対とは書いてないですが。


上から見たらこんな格好でデザイン的にはなかなかいいでないでしょうか?やっぱムシをイメージしますね。LadyBirdのテントウムシ作戦が当たったからこれで行こうとでも考えたのでしょうか?

これを手に入れたのはかなり前の話でして、前のサイトでもレビューしていたのです。私どうもこうしたギミック的なものに弱くて、ホッホウ、超音波センサーに赤外線センサーかあ、と、効果のほどはあまり期待していなくて、というか上に書いたようにクアッドコプターって簡単に飛んでしまうので別にこのような必要性は感じなかったのですが、このセンサーがどのように機体に働くのか確かめたくて仕方が無くなって購入に及んだわけなのです。まったくもって人柱ですね。

 

 

下の図がその働き方の解説であります。

 

2014-03-21_20-59-17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは水平方向に対しての赤外線センサーの働きの図解ですが、上下方向には同様に超音波センサーを働かせます。

レビューへ⇒

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)