真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Walkera Hoten X 解説

Waleraのクアッドコプターにしてはカッコイイデザインだと思うのですがいかがでしょうか?Rがついていないのでなんて発音するんだろうと思っていたらどうやら「ホッテン」らしいです。「ホルテン」かと思ってました。第二次大戦時のドイツの計画中だった無尾翼ジェット機のホルテンとなんとなく似ていたもんですから。

結構お高いクアッドコプターですが、同じようにしゃれているQR X350シリーズと比べると必要最小限の外見しか持っていないので軽いです。

これもまたWiFi接続でスマホでのコントロールや撮影が可能となっていますが、Q W100シリーズが軽量化のために回路をむき出しで内蔵しているのに対して、カメラ関係はユニットとして機体下部に装着するのでWalkeraの他の様々なオプションを搭載することも可能です。

2014-03-25_7-46-14

 

6軸ジャイロですしこのようになんかギミックどっさりてんこ盛りですのでいやがうえにも購買意欲を掻き立てられるわけです。

このように本格的なカメラをぶら下げることも可能だぞと威張ってます。

 

 

 

 

 

 

このクラスになると室内ヘリでもクアッドコプターでもWalkeraの場合は別途購入のアダプターを介して、受信機やコントロールボードファームウェアのアップデートが可能になります。

パソコンとUSB接続するとできるのですが、別に不都合を感じたことが無いので私は一度もこの機能を試したことがありません。

 

 

 

 

左の写真がユニットとして搭載されているWiFi送信機一体式カメラDV05ですリポは7.4V1000mAhで、モーターはいかにもという感じのブラシレスモーターでこのアームはカーボンに見えるのですが、よくわかんないです。ただこのようにモーターがむき出しでして、強力なブラシレスモーターは特に磁力が強いので、妙なところに落ちたり、砂塵が舞ったりしていると砂鉄を拾いそうな気がします。

 

 

例によってステキな日本語なのですが、「本当のプロペラ」とかはどう直していいのかすらわかりません。

レビューへ⇒

2014-03-25_7-49-44

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)