真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Walkera V200D03 解説

Walkera V200D03は設計も古めの3軸ジャイロフライバーレスヘリですがブラシレスモーター搭載で同社のV120よりは大きく、MasterCPよりは小さいという中型機です。

2014-07-30_11-56-13またまた商品ページにリンクを貼っておきました。高いんだか安いんだかよくわからん微妙な値段でありますが、11.1Vのリポですし、(商品ページに2200mAhのリポがセットになっているような記載がありますがこれは誤りで800mAhのリポが付いてきます。機体前方に斜めに縛り付ける方法なので長さの制限をクリアーできれば大容量のものも詰めるでしょうが。

好みの問題でしょうけど個人的にはV120のデザインはどっか「ひきつった」ような感じでカマキリっぽいのですがこっちは「のほほーん」と丸っこくて好きです。金魚みたいです。

 

 

2014-07-30_11-56-55テールローターはシャフトドライブでして、これは私の場合V120がようやく飛ばせるかどうかの瀬戸際状態のころに壊しまくった悪夢がよみがえるのですが、その後は無事ですし他のシャフトドライブの機種もあんまり壊してはいないので良しとします。

ただしNine-Eagles SOLO PRO 319 ブラックホークのシャフトドライブだけは別格でとにかく壊れます。テールローターがかすれば壊れるのは無論のことなんも悪いことした覚えがなくとも壊れます。挙句の果てにそのシャフトドライブ機構を固定するための方法があの薄いボディで挟み付けるだけでおまけにその合わせ方まで微妙きわまるし分解組み立ての作業はバラモン教徒の苦行もかくやとばかりの凄まじいものです。実は今お壊れになっているのですが拷問でもされないとやる気出ません。

なんとなーくなんですがこれって200SDエアーウルフシリーズのベースだったんじゃないのかなと考えまして、そうするとラマほど飛ばしやすくはないかもしれないがエアーウルフ並ならいいんでしょうと買っちまったです。後で死ぬ目に合うのですが・・

 

 

2014-07-30_11-56-39このように各部はメタルパーツが多用されていて高級感があります。ただ樹脂より丈夫じゃあるものの壊れるときは「折れる」「割れる」「曲がる」ですから私のようなへたっぴいにはむしろ樹脂製の方が無難であります。軽いし。

 

 

 

 

 

 

2014-07-30_11-57-13珍しく受信機が機体後部に位置するので一見整備性が良さそうですが私はおっかないのでジャイロ設定とかいじりませんし、むしろカウルを外さないとリポが交換できない方が嫌ですが。

 

 

 

 

 

 

例によって諸元表であります。

 

レビューへ⇒

2014-07-30_12-02-33

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)