真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Skyartec HWX3V-03 WASP X3V 解説

nanocpXは有名ですし、実際設定次第ではよく飛んだのですが、実は内容の割にはお手頃価格なのでこちらも注文していたのがこのHWX3V-03 WASP X3Vです。面倒なので以下HWXと言っときますが、deviationでバインド可能なものの念のためと安かったのとモード1もあったこととなんか少しくらい設定可能らしいことからプロポ付セットを注文したものが届きました。

ブラシレスモーターでベルト駆動テール、各部にメタルを多用したV120くらいの中型機でこのお値段なのでお買い得感はあるのです。

ただずいぶん昔から存在している気がしますし設計は古いのだろうし3軸ジャイロですし、実際に飛ばしやすいのかどうかが問題です。

 

以下が各部の画像です。メタルパーツといっても表面がピカピカなのはCNCという加工機械で精密に削ってる暗れたもので、珍しくざらついた表面をもつ部分は鋳造といって型に流し込んで作る工法らしいのでそっちはあまり精度が出る作り方ではありません。

下の画像が送信機ですがだだっ広い液晶を持ってますがなんかスカスカな表示です。グラフ表示とかができるんでしょうか?どうもNine-EagelsのJ6やWLtoysの送信機の液晶をを連想しますんで数値の表示以外はアルファベットすら表示できない気がしますが。

2014-07-16_13-12-56

例によって神秘的な日本語訳をどうぞ。もちろんSureHobbyさんの商品ページです。

 

レビューへ⇒

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)