真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Hubsan X4 H107C 解説

Hubsanという会社はWalkeraの次にクアッドコプターが得意なようで、室内ヘリとしてもOKなのはもちろんのこと、屋外でもこんなにチッコイくせに結構風に強いですね。

このX4 H107C にはガードとローター抜き工具無しのもあるのですが、まあ何百円の違いですし、別になくてもいいっちゃいいのですが、オマケが付いてた方がなんか嬉しいのでこっちを紹介いたします。

大きさ的にはWalkeraのLadyBirdよりも小さいくらいですが、当然ガードをつけるとやや大きいかと思えます。ガードをつけたからといって特にフライトには影響しないようです。わざわざローター抜き工具があるのは、これ、指でも抜けないこともないのですが、意外にキッチリはまっているので確かにあった方が簡単です。

 

そしてなんと今ならSureHobbyさんでは送料無料でこのお値段なのですね。なかなかお買い得感があります。

しかも新発売のWLとysV272と違ってモード1が選べます。

ついでですがいつもこの画面の下にあるバッテリーがいるかどうかの選択欄は「追加リポ」の有無を聞いているだけなので、「要りません」を選んでもそもそもセットには入っています。ただそれが何個入っているかは会社やヘリの種類によってまちまちですが。

そしてこのHubsan X4 H107C の特徴は機体カメラで空撮動画が撮影できることです。これはさすがに送信機からのONOFFはできないので、機体のスイッチでONにすると撮りっぱなしになるのですが、別にそれで支障はないし、なかなか面白いです。下が例によって諸元であります。

レビューへ⇒

2014-04-04_6-27-14

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)