真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Hubsan H102F FPV Invader 解説

先にこのHubsanのLynxを購入済みだったのですが、屋外飛行にはちょっと無理がある感じでした。それでこの姉妹機に当たるH107F Invader の方なら重いスケールボディが無い分軽快に飛んでくれるんじゃないんだろうかと購入してしまったのでした。

結論から先に言いますと、機能、フライト特性ともにLynxと全く体感的な違いはわかりませんでした。ですのであとは好みの問題だけですね。スケールボディはカッコイイですし、私はスケール機が好きなのでLynxの方が好みですが、反面スケールボディは壊れやすいし、割れると見苦しいですからそこら辺でスケール機に拘らないならこっちをお勧めします。

 

これがSureHobbyさんの商品ページでして、送信機はLynxと全く同じです。英文マニュアルが付くのですが、それが若干不親切なのと、設定の仕方が独特で分かりにくい点、設定の自由度が低いのが難点ですが、このFPV画面は鮮明に映りますし位置も見やすくていいです。

また送信機から機体カメラのONOFFができる点、録画中であることを示すRECマークが着く点も評価できます。

 

 

私自身がこの画像で初めて気が付いたのですが、この二本のアンテナは両方が5,8Gビデオ転送用ではなく、一方が5,8Gビデオ転送用、もう一方は2.4Gの機体コントロール用でした。角度は変えられますが、変えたところであまり変化はありません。

 

 

 

最後にまたSureHobbyさんの諸元を載せておきますが、現在売切れ中です。また入るのかもう製造中止なのかもしれません。

レビューへ⇒

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)