真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Nine-Eagles SOLO PRO 319 B.Hawk60 解説

これはNine-Eaglesの国内販売4枚ローター一号機になります。大きさとしては「やや大きい」程度で、例えばWalkera V120シリーズよりは小柄ですんでまあ室内ヘリとしては妥当な大きさではあります

。なんでか知らんがテールローターはこのくらいの大きさなら素直にテールモーターを付けたらと思うのですが、わざわざメインギアからシャフトドライブを引っ張ってきてテールの下でべべルギアで45度くらいに曲げて上に持ってくるというややこしい方式を取っています。

実機は散々使われてきたアメリカ軍のイロコイスの後継機種になるんだろうと思うのですが、アメリカ軍のヘリは伝統的にインディアンの名称をつけているので、しらべればブラックホークというのもなんかインディアンの方々のゆかりのある名前なんでしょう。

しかし基本的にブラックホークは汎用ヘリコプターで輸送機として使われていることが多く、中には救難ヘリコプターがある程度ですので、なんでかような魅力に乏しい機体を選択したんか私個人的には理解に苦しみます。

せっかくならばアパッチかハインドを作ってほしかった・・
まあそれでもスケール機ですから私好みではあります。ブラシレスモーターだし。ただ、現在は値崩れを始めて妥当な価格になりつつはありますが、それでもこれが24000円かよと思うと泣けてきます。部品もあんたスワッシュプレートだけで2500円、ボディの片側だけで2500円とベラボーに高いですので、よほどこの機種が好きであればとにかくとして、どれにしようかな、と迷う場合は止めた方が無難です。

またまた以下に諸元を載せておきます。

レビューへ⇒

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)