真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Nine-Eagles SOLO PRO 135 BO-105 解説

しょっぱなからムズカシー室内ヘリが出てきて申し訳ありません。でも新製品のせいか、Youtubeでも動画の再生回数がダントツに多いもんで、まあ初めに書いておこうということです。

箱はこんな感じ。ついでにウラッカワも・・
2014-02-13_12-59-27

 

 

 

 

中身はこんな具合で最近のNine-Eaglesのパッケージング方法を踏襲しております。ホシュウと読んではいけないのです。

このパッケージングは大好きです。プラ製の取っ手もついていて、長辺の方からパカリと開いて一式取り出せるので持ち運びに丁度いいのです。Nine-Eaglesそのものは他の室内ヘリと同じでやっぱ中国製品ではあるのですが、他社の室内ヘリのパッケージングはめちゃくちゃで、保証書など付いていませんからまあ箱などどうでもいいようなもののなんか嬉しくなってきます。Nine-Eaglesだけは日本でハイテックマルチプレックスさんが手厚いアフターサービスをしてくれますんでその影響でしょうかしら?

ただし最初から部品が外れているとかは、他の中国製品同様頻繁にありますし、他の同等クラスの室内ヘリと比較するとえらく高いですが・・

そりゃそうと、私はこのミリタリーバージョンに一目ぼれなのですが、他の二つの配色デザインは逆にこりゃなんなんだ、とてんで好きでないです。というかはっきりキライでして、なんか奇妙なヘリだなあとしか思えません。

ついでに言えば日本では未発売となった幻の4枚ローター、EC-145は海外ではSLT以前のプロトコルで発売されていまして、中身はどうもこのBO-105と同じようなので、多分このBO-105にSOLO PRO 128 EC-145 スタビバー付のやつですね。あれのボディがそのままつけられそうに思います。

レビューへ⇒

 

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)