真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Nine-Eagles Galaxy Visitor 2 解説

概略先に説明しますと、この四方に4枚ローターが引っ付いたヤツ、クアッドコプターと称されまして、普通のヘリの形をした室内ヘリよりも全然簡単に飛ばせます。

実は私もう10年以上も前にはラジコンヒコーキを趣味にしていたのですが飛ばす場所がなくなって、その頃出始めた室内ヘリを2~3機買ってみたのですが、2機は飛ばせたのですが、最後の1機は全然飛ばせなくてもう諦めていたのです。

それがなんかの拍子にこのGalaxy Visitor 2の宣伝を見まして、これがホントに飛んだら面白そうと買ったのが去年の11月か12月、それからこのざまで、首までドップリ浸かってしまったわけなのです。

皆さんも興味を引かれると思うのですが、謳い文句が、写真が撮影できて動画の録画もできて、送信機のボタン一つで自分のところに帰ってくるとか、また自動的に自分について来るとか、いかにも面白そうでしょ。実際結構面白いです。

ただ欠点も書いておくと、同様の他社のクアッドコプターより高いし、動画は条件によってはカクカクでしか録画できないし、フライト時間は短めの上に徐々に落ちてくるのならまだしも、いきなりストンと落下します。

また送信機のボタンで好きな時に写真を撮ったり、録画を開始したり、それを中断したりできることになっているのですが、これはマニュアルにも載っていて送信機のボタンに反応しないことが多く、しかも作動しているかどうかはものすごくチッコイLEDでしか確認できないので、フライト中にはどうなってるんかはわからず、結局初めから録画しっぱなしでフライトさせるしかないです。

それでもデザインも中々しゃれていますし、その後他の室内ヘリを買ったとしても損したようには思えません。

レビューへ⇒

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)