真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

BenMa E-1003 リクエストにより再フライトと詳細

前のサイトにはまだ結構訪れてくれる人がいるのですが、私自身アクセスを試みるたびに落ちまくりですわ・・

それはさておきこのEC-1003に興味がおありの方がありましたので久しぶりにもう一度飛ばしてみました。


解説のページで書いてますが、このE-1003のリポの収納部分は純正のリポでもギューギュー詰めでして、コネクターも一緒だからこれでもいいだろうとHubsan Lynx やインベーダー用の7.4V650mAhのものを入れてみたら、十分な余裕を持って入りました。

純正は死んでましたが800mAhでしたがこれでは弱いかしら?と飛ばしてみたのが下の動画です。

 

 

飛ばした印象ですが、とぶっちゃ飛ぶものの、V911や同じくらいの大きさのV912に比べると安定性には劣っている感じです。スタビバー付の機体なので飛ばせはするのですが、ある程度他の安定したスタビバー付の機体に慣れた方でないと浸かれるなあといった感じです。常にスティックで修正を入れないと前後左右に揺れてしまうのです。送信機の説明で書きますが、感度の低い方の設定では機体の姿勢制御に間に合いません。

しかしフライトそのものは650mAhで十分飛びましたし、フライト時間も十分でした。これならわざわざ800mAhのリポを入手しなくてもいいでしょう。V912のようにノンビリ飛ばすには向かない機体ですが、スタビバー無しのスケール機よりは確かにマシですし、おー、コマンチが飛んでるわー、という気分を味わうのは実にいい気分でした。

下が私の持っている送信機ですがこれは旧型らしく現在のものは液晶付きの新型になっています。機能的に差があるのかはわかりませんが。

右上のボタンはいわばデュアルレートでスティック感度を強弱に切り替えられるボタンです。感度をクリックするたびに切り替わり、感度のいい状態ではLEDが光るのですが、なんと上のシールの下に薄ぼんやりと光るようになっていてそこだけ穴があるわけでもありません。

左上のつまみはなんだろうと思っていましたが、結局ラダートリムでありました。このE-1003はフライトの度に機首がどちらかにクルクルと回ってしまう癖がひどいもので、V911のクルクルなんかかわいいもんだと思うほどのものなのですが、まずこのフライト時の挙動でこの左上のノブでクルクルを大まかに取りまして、しかしこのノブの感度はひどく大きく少し動かすだけでえらく反応してしまうので、その後は通常のスティック下のラダートリムで細かな調整をするという意味でした。

ちょっとひでえ設計です。

赤く光っているLED上の横並びのLEDは単なる飾りで電源をONにすると左から光るだけ。

 

PapaHobbyさんの説明ではスティックユニットは基盤に直につけてはいないので左右取り換えて配線をつけ直せばモード2をモード1にできるということなのでこの旧型でもできるのかしらと裏蓋を開けようとしたのですが、なんと工場出荷の段階で見事に止めてあるねじ山がつぶれているものばかりで開けることができませんでした。残念。試しに表側のスティック四方のネジを外してみたらものすごくぐらついたので可能性は高いようです。

   ここをクリックすると➡ BenMa E-1003 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

8 Comments

  1. MAC
    Posted 2014年3月2日 at 1:29 PM | Permalink

    こんにちは

    リクエストにお応えいただき、ありがとうございました。
    このサイズという事もあり、室内での乱気流も強いのかな。テール・MODE・操作性を考えると、受信機積み替えでコンピュータープロポにするのがてっとり早いですね。

    構想としては、ソロプロ228のSTL受信機にGENERAL LINKで行けそうな気がしてるんですが、現物を見ないとわからないかな。
    真坂さんのトコならV912あたりが狙えそうですね。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月2日 at 4:40 PM | Permalink

      どうもどうも、いやーこれと同程度の大きさのV912やもっと大きいV913より骨が折れますし、巨大なPandoraやG400より疲れました。飛ばした感じじゃ少なくとも乱気流ではないようです。

      気味の悪い情報ですが、Youtubeの方には、自分のは地面を這いずり回るだけでそもそも飛ばなかったという方がおられまして、ローターは普通に回っていてリポが死んでいたわけでもないらしいので、アンプかなんか電気系統の不良だったのかもしれません。私もSOLO PRO 127 H500でアンプか基盤かわかりませんが、リポは生きているのにローターがヘロヘロとしか回らなかったことがあり、基盤を変えたら直りましたから。本当は初期不良だったのですが、やり取りがイヤだったので諦めてもう一機買ったのです。

      228を調べましたが、確かにこれならいける気がします。

      しかし以前のサイトで書いたように、まあプラモデルみたいに分厚いプラスティックですんで、あのペパクラが作れる腕がおありですから、別途お返事で書きましたスチレンペーパー、あれを素材にして機体は幸いステルス性の理由から緩やかな局面構成ですんで、機体そのものから実寸で型を切り取って作った方がいいんじゃなかろうかと思います。スチレンペーパーは文房具屋さんか、画材やさんか、ネットショップでも売っているようです。

      そのまま飛ばすにしても特別重すぎる気はしないので、スチレンペーパーで機体後ろ半分の穴は塞いでも大丈夫じゃないでしょうか?

  2. MAC
    Posted 2014年3月2日 at 6:43 PM | Permalink

    この手の品物は「怪ヘリ調整」の精神で、アチコチ手を入れないとまともに飛ばないモノも多いですよね。なんせ生産国がアチラですから。でも、他のYoutubeのようによく飛んでる機体もあるので、まったくダメではないようですし。

    ペパクラで出来ない事はないと思いますが、あの質感やディテールにはかないません。それと、スケール機にはそれなりの重さというか質量がないと、どうも挙動が軽くなってスッ飛んで行ってしまうのでむしろ、「よいしょ」って1度溜める感じの「間」のようなモノ(鈍臭さ)を望んでいます。

    あと、機体後ろ半分の穴は横風を逃がしてテールを助ける役割もあるのかな。まぁ、強風で飛ばせる機体じゃないですけどね。(笑

    PS この方のペーパーヘリはどれも絶品で、私など足元にも及びません。
    http://blogs.yahoo.co.jp/mitu2446/33805606.html

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月2日 at 8:29 PM | Permalink

      なーるほどなー。うーん・・多分このコマンチのベースはWalkera WZQ2 ではなかろうか?設計は古いんですが5枚ローター機で、テールに珍しくダクテッドファンをつけているので1っか月以上はかかるであろうと言われてまして、別にそれでいいですと返事してるやつなんです。自分でもダクテッドファンを実現したくて参考にしたかったのです。確かによくできてますが、MACさんのも同じくらい立派ですよ!

      それと私も「パチモノ」好きなので安心しました。買ってみたら変なのと怒られるかと思っていたもので・・私もわざわざ怪しげなシロモノに手を出す習性があるのです。

      話は違いますが私、ここまで出費しているのは、最終的には色んな面白い部品やボディをお安く販売したいのですね。「儲けたい」とまでは思っていないのですが、「元を取りたい」くらいは許されないかと・・

      なぜと言うにマイクロヘリでもスケールボディって数千円もしますでしょ。あれは暴利だろうと。なんとか安く販売して皆さんにお分けできないかと。そして私実はさる福祉方面の事業所に関係がありまして、経営的に苦しいのですね、そこが。それでお仕事として紹介できれば喜ばれやせんかと。これからも色々教えてください。

  3. MAC
    Posted 2014年3月14日 at 6:00 PM | Permalink

    こんにちは

    箱出しのまま浮かせてみたら、真坂さんのおっしゃるとおり落ち着きのない飛びでした。ですが、2・3箇所手を入れたところV912と同じくらいの飛びにはなりました。(飛行スペースがタタミ1畳ほどしかないので大きな事は言えませんが・・・)

    また、何かわかったら報告しますね。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月14日 at 7:19 PM | Permalink

      おー、最終的にはどこをどうしたらいいのか教えていただけたら勉強になります。前の書き込みでとにかくローター周りがキツキツだとダメなんだー、とはわかりましたが。

      このサイトお読みであればおわかりのようにとうとうローンを組む羽目になりました。もーこれ以上は注文しないです・・

      かわりにえっさかほいさか今日もお部屋の片づけで疲れました・・

  4. MAC
    Posted 2014年3月14日 at 11:11 PM | Permalink

    個体差でウチの機体だけかもしれないのですが、ブログに画像つきで載せましたので参照よろしくお願いします。

    >もーこれ以上は注文しないです・・
    ちょっと手を広げすぎてしまいましたね。私は1機にかかりっきりになるタイプでして・・・。
    スケールボディを作るのであれば、ひとまず1機種に的をしぼり、深く掘り下げて学ぶ方が早いかも。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月15日 at 7:34 AM | Permalink

      ありがとうございます。はい、スケールボディは最初はとにかくセミスケールでいいからみんな持ってるV911用のを作るつもりです。今日明日には部屋の片づけを終わらせる覚悟なので、1円玉を張り付けて、まずV911がどこまで重量増に耐えるのか調べてみます。

      V911ならものすごく薄いボディを作らざるを得ないと思うのですね。バキューム以外にもう一つ思いついた作り方のアイデアがあるのでこんど自作プロジェクトに書きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)