真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Nine-Eagles SOLO PRO 210 New DRACOV2 初飛行フライトと初期不良

のどかーに飛ばせてこれは癒されるからいいなあ、とノンビリ初飛行をしていたのですが、あれ?なんかおかしいですね?バックは問題ないのに前に行きにくいなあ?なんかトリムの問題ではないような感触だが?と思っていたら、そのうち完全に前進不可能になりました・・

これがその時のフライト動画です。

なぜゆえに?こういう機体なの?と最初からおかしいなどとは思わないので散々苦しんだ挙句の果てに解りました。
エレベーターサーボが時々送信機のスティックに反応していないのです。

いつもとは限りません。問題なく動いていたかと思うと突然動かなくなったり、また急に動いたりします。送信機側とのバインドの問題じゃなかろうなと余りのSOLO PRO 128 の送信機とバインドさせてみましたが同じことでした。ああもうなんか最近ついてないです。

パッケージングが秀逸なNine-Eaglesさんですが、中国製であることは他社のヘリと変わりはなく、スケール機のボディの質感だけは一日の長がある感じなのですが、この初めからおかしいというケースは私の場合だけなのか、WalkeraやWLtoysよりむしろNine-Eaglesの方が多かったです。ちょっと例を挙げてみると、

SOLO PRO 128 EC-145 のリンゲージが外れていた。
同様2代目のSOLO PRO 128 EC-145 のメインマストが最初から下まで落っこちていた。
SOLO PRO 139 ブラックホークのモーターのピニオンギアが最初からメインギアに噛み合っていなかった。

まだあるんですが、いずれも直そうと思えばすぐ直るものでしたので別に問題にはしていなかったのです。逆にWalkeraにはあまりそうした記憶はなく、せいぜいラマのシャフトのビスが緩んでいた程度でした。

いずれにしても現在流通している室内ヘリの大部分は概ね中国製品ですからこうしたことは仕方が無いのでしょう。しかしさすがにDRACOのサーボあるいは基盤を直すのは私にゃ無理ですから後で初期不良みたいとハイテックさんに電話してみます。Nine-Eaglesだけはアフターフォローが存在するのでこういう場合はさすがにありがたいです。Walkeraとかの他社の製品はどんなに高価な機体であっても保証書などありませんで、そもそも中国にはこうした「おもちゃ」に対しての保証という概念自体が無いようなのです。

   ここをクリックすると➡ SOLO PRO 210 V5 (New Draco)レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)