真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

DEVO8Sのdeviation化とV977のバインド及びフライトまでの流れ!

ご要望がありましたので通常DEVO7Eをベースで作るdeviationですが今回は8Sでの製作をご紹介です。

ただ私自身あらーと思ったのですが、誰しも思うV977の送信機のチャチさ。これがdeviationでフライトできたらどんなにかよかろうと製作してみたのですがなんとV977シリーズはスロットルとピッチの関係が固定されていて、各々独立して制御することは不可能なことがわかってしまいました。そのためdeviationでバインドしてフライトさせることは可能ですが、スロットルカーブしか反映されずにピッチカーブは無視されてしまいます。また私自身今のところ分かりにくいアドバンスドモードでしか設定できていませんし、アクロバットはできないので関係ないですが逆ピッチの入れ方とかも解りませんで模索中のところなのです。

それでもdeviationを使用するとデュアルレートやエクスポネンシャルなど細かな設定はできるのでかなり気持ちいいですけど。

用意する3チップは次のようなものです。

2014-07-30_21-12-07A7105 WLtoysV911などの送信機から外して使用できます。画像はそうやってWLtoys送信機から外したものです。アンテナがついていたのでそのまま切らずに8S内部にテキトーに押し込みましたが正常に動いているようです。

チップ単体ではどうも国内では入手困難ですが海外通販なら送料無料で260円程度でしたろうか?

 

 

 

 

 

NRF24L01+ SLTをバインドした場合は+でないとダメなようです。これまた海外通販では100円程度です。現在調査中ですがなぜか大元のNine-Eagles J6PRO SLTから外したチップではバインドできませんで、Galaxy Visitor 2 のものなら成功しました。SLTが必要ないなら+でなくてもいいのかもしれません。白いプリントアンテナのものもあったのですがなぜか成功しませんでした。

画像はチップ単体で購入した物です。これで成功しています。

 

 

 

 

 

CC2500 これはSkyartecWASPシリーズなどの一部で使用しますのであまり必要はないかもです。海外通販で700円くらいです。

他のチップと違ってピンの感覚がものすごく狭いので泣きたくなります。使わないかもしれないのであればもう入れなくてもいいかもしれません。

これらのチップはバインドしたいプロトコルに対応したものを配線すればいいので必ずしも全部入れる必要はありません。例えばV977 のみでいいのならNRF24L01+だけで構いません。でも人情として全て入れたくなりますが・・

またチップの形状はそれぞれ数種類あるようです。私は念のために各チップ共に基板上に迷路のような「プリントアンテナ」が印刷してあるものを選んでいます。

 

3チップ共に確実に入手するならばBanggoodさんから海外通販するしかないでしょう。

 

 

 

8S側のピンアサインはこのようになっています。中央のデッカイモジュールがDEVO用のモジュールですが、左側に縦に2列に並んでいるピンのうちモジュール側のピンに接続する必要があります。ここに直接ハンダ付けしようとすると特に私は死ぬかと思いました。

このモジュールはビス二つで外れますので右のように各ピンのソケットの根元にハンダヅケする方が楽でした。

2014-07-30_21-13-51

このDEVOモジュールの他には8Sの場合はメイン基盤の下の方にあるVDD、TCK、TMSという「穴」が開いた部分への配線が必要になります。以前は単なるリード線で製作していたのですがものすごくやりにくかったです。手近なものとしては通常の太さのLANケーブルを分解すると中に単芯のリード線があるのでこれが便利ですが被膜には耐熱性はありません。完璧に仕上げたいならAWG28という型番の耐熱単芯リード線がいいらしいのですが私はまだ使ったことはありません。

これが8Sのメイン基盤下部の接続すべき部分で7Eと並びは同じです。VDDとRESだけは基盤に印刷してありますので、使用するのはそのVDDと右から3番目のTCK及び4番目のTMSになります。

 

 

 

こちらが各チップと8S等DEVOシリーズと接続するべき表になります。これは本家サイトのモジュールインストールマニュアルPDFの一部でこれをダウンロードすればdeviation化できるDEVOとの配線の全てが解ります。

表のみかたとしては例えばGND(アース線)はDEVO6/8/10/12ではDEVOモジュールの3番ピン(前述8Sの画像で見ると上から3番目)なのに対してDEVO7Eだけは7番ピンだ、というようにみます。つまり各チップのGNDはここに配線します。

黄色の一番上はV911用送信機から外したチップの場合でこの表の通りにつなげばいいことになります。その下のXLなんたらはA7105の別チップの場合です。

この表の中で「&」で示してある部分はそのチップの基盤そのもののピンをつなげという意味なのですが、CC2500単体チップだけは注意が必要で、この表の通りだと10個あるピンのうち1/9/10はつないでしまえということになりますが、上に示したBanggoodのチップではそもそも9/10はそれぞれRX_EN、TX_ENとの印刷があっていかにも送受信のようでこれを接続するのは不思議です。実際つないでしまうとnanoCPXはそのままバインドできましたがHWXはすぐバインドが外れて不安定になりました。結局TX_ENとVCCをつないでそれをDEVO側のVDDにつなぐと全てがうまくいきました。私も文系なのでようわからんのですがこのVCCやらVDDは+電源のことみたいです。

またこのインストールマニュアルの時点では載っていないのがV977で使用する肝心のNRF24L01+ですが、これはジョン・スミス氏が調べ上げてくれているので再掲しましょう。

2014-07-18_1-55-31

これは7Eへの配線ですが上記の表でこれを8Sに読み替えれば次のようになるです。

NRF24L01+               DEVO8S

1——————————————-3

2——————————————-VDD

3——————————————-VDD

4——————————————-TCK

5——————————————-2

6——————————————-4

7——————————————-5

つまり8Sの場合はDEVOモジュールの2から5番のピン。およびメイン基盤下部のVDDとTCK、TMSを使用することになります。ちなみに前述のマニュアルではTCKとTMSは好きな方につなげばいいように見えるのですが試したところでは、NRFチップのみをTCKに、他のチップはTMSにつながないとどうもうまく動きません。

私の8Sではこの接続でdeviation 8月1日付NightlyBuildが動いています。そもそもバージョン401を入れたことがないのです。ファームウェアと必要ファイルのコピーは今までのこのレビューの以前の記事を参照いただければと思います。書いたっけ?書いたよな?いつだったか?書いたと思うのですがわかんなくなったら質問なりコメントいただければ書きましょう。

ついでにこのチップ搭載によるhardware.iniとV977用モデルファイルを掲載しておきます。ただこれiniファイルなので通常のテキスト形式で保存したらダメかもです。Pnoteなどのエディターソフトで編集した方が確実なのかもしれません。

hardware.ini

;Only useful for transmitters with an after-market vibration motor
;enable-haptic=1
;
;switch_types: 3×2, 3×1, 2×2
;extra-switches=
;
[modules]
; there is no need to enable the cyrf6936 module unless
; it is wired to an alternate port. It is Enabled automatically otherwise
; enable-cyrf6936 = B12
; has_pa-cyrf6936 = 1
; enable-a7105 = A13
; has_pa-a7105 = 1
; enable-cc2500 = A14
; has_pa-cc2500 = 1
; enable-nrf24l01 = A14
; has_pa-nrf24l01 = 1
; enable-multimod = A13
enable-cyrf6936 = B12
has_pa-cyrf6936 = 1
enable-a7105 = A13
has_pa-a7105 = 1
enable-cc2500 = A13
has_pa-cc2500 = 1
enable-nrf24l01 = A14
has_pa-nrf24l01 = 1

 

V977用モデルファイル

name=V977
mixermode=Advanced
icon=V922.BMP
[radio]
protocol=KN
num_channels=8
tx_power=150mW

[protocol_opts]
Re-bind=Yes
1Mbps=No

[channel1]
template=simple
[mixer]
src=THR
dest=Ch1
curvetype=expo
points=25,25

[channel2]
subtrim=170
template=simple
[mixer]
src=AIL
dest=Ch2
scalar=90
curvetype=expo
points=10,10

[channel3]
template=simple
[mixer]
src=ELE
dest=Ch3
curvetype=expo
points=10,10

[channel4]
template=simple
[mixer]
src=RUD
dest=Ch4
scalar=65
curvetype=expo
points=0,0

[channel8]
template=simple
[mixer]
src=AIL DR1
dest=Ch8
curvetype=expo
points=0,0

[trim1]
src=LEFT_V
pos=TRIMLV+
[trim2]
src=RIGHT_V
pos=TRIMRV+
neg=TRIMRV-
[trim3]
src=LEFT_H
pos=TRIMLH+
neg=TRIMLH-
[trim4]
src=RIGHT_H
pos=TRIMRH+
[timer1]
type=countdown
src=THR
time=360
[timer2]
src=THR
[datalog]
switch=None
rate=1 sec
[safety]
[gui-128×64]
V-trim=59,10,1
H-trim=5,59,3
V-trim=65,10,2
H-trim=74,59,4
Small-box=2,22,Ch1
Small-box=2,31,Timer1
Small-box=2,40,Timer2
Model=75,20
Battery=102,1
Toggle=4,10,0,3,0,None
Toggle=13,10,0,5,0,None
Toggle=31,10,0,0,0,None
Toggle=40,10,0,0,0,None
TxPower=102,7
quickpage1=Telemetry monitor

   ここをクリックすると➡ deviation レビュー 記事簡易表示が並びます。  

26 Comments

  1. Posted 2014年8月17日 at 10:36 PM | Permalink
    • zazazizi555
      Posted 2014年8月17日 at 11:20 PM | Permalink

      あ、これです。これが使えます。ただしアマゾンといってもこれ中国の会社が出品いsているものなので多分注文してから届くまで3週間くらいかかるかもです。

  2. ダックス好き
    Posted 2014年9月14日 at 9:52 AM | Permalink

    真坂様。おはよう御座います。

    大変です・・V977がdeviation DEVO7Eでは飛びませんです。バインドは出来るのですが、アイドルアップSWを1にしないとモーターが回転せず、それもモーター回転が有る程度上がったと思ったら急に止まってしまいます。その繰り返しです・・W
    ちなみにですが、V977の純正プロポでは普通に飛行ができます・・!どうか対処法が有りましたら宜しくお願いします。

    しかしですが、450機をフタバT7Cでフリップ・ループ・ロール・背面と出来るのに、こんな事にはチンプンカンプンです・・・w

    • zazazizi555
      Posted 2014年9月14日 at 10:07 AM | Permalink

      ダックスさんお早うございます。

      こちらで正常バインドとフライトを確認たものを送ったのですが、ご迷惑をおかけしてすみません。次のことをご確認ください。

      1、スタンダードモードに変更していないか。V977はスタンダードモードでは飛びませんし、一度スタンダードモードに変更すると設定データは失われます。

      2.FMOD0、HOLD0になっているか。

      3.私自身HOLD1は飛ばせないのでこの設定はしてません。モーターの途中停止は故障などではなく設定未済のためです。

      以上であかんときはダウンローダーからV977ファイルに差し替えてみられるといいです。

      再三ですが、deviationはそういうものなのです。使うにはある程度のスキルが必要なのです。

  3. ダックス好き
    Posted 2014年9月14日 at 11:20 AM | Permalink

    真坂様、ご教授をありがとう御座います。
    そうでした、スタンダードモードにきりかえていました・・w

    それは、D/R・エクスポ・ピッチ設定がスタンダードに有ったからです・・w
    まさか・・アドバンスモードからスタンダードモードに切り替えただけで?設定データが消えてしまうなんて知る由が無かったです・・w

    復旧させるには、ダウンローダからV977のファイルをダウンロードしてみますです。
    なんか、長い道のりに成りそうです・・w

    • zazazizi555
      Posted 2014年9月14日 at 11:51 AM | Permalink

      ダックスさんこんにちは!

      スタンダードモードに移行するとデータが消去されるのは繰り返しレビューで語っているのでとにかく一度deviation関係のレビューを全てお読みになるといいですよ。

      ただ人によるとは思いますが、あれこれいじっておー、これでええのだー!とわかったときは楽しいですのでダックスさんもそのような気分になることを願っています。

      ちなみにD/RもEXPもアドバンスドモードにもありまして、ミキサー画面から入ります。

      いちいちパソコンを使うのがめんどいので私はいつも元データをどっか別のスロットにコピーしてとっときます。

      それからdeviation質疑が散逸している状態なのでdeviationお助け隊カテゴリーを作っておきました。有志の方々に協力を仰いでいます。

  4. geji4
    Posted 2014年9月15日 at 12:05 AM | Permalink

    こんばんわ。
    hardware.ini について、

    >has_pa-nrf24l01 = 1
    おそらくこの設定を =1 にするのは、パワーアンプが搭載されているモジュールの場合だと思われます。
    amazon のリンクモジュールはパワーアンプが搭載されていないと思われるので、=0 とするのが、
    正解かと。

    ただし、パワーアンプが無いモジュールでも =1 として、パワーアンプが有る設定になっていても
    バインド自体には、影響が無い様子です。
    プロポの設定で、送信出力を変更できるみたいですが、その内容が反映されるか?までは、
    確認しておりません。

    • zazazizi555
      Posted 2014年9月15日 at 1:45 AM | Permalink

      geji4さん、こんばんは。ジョン・スミスでございます。

      has_paに関しての貴重な情報、ありがとうございます。
      現在おすそ分けdeviationのNrf24L01を使用するプロトコルに不具合がありそうな状況です。
      私もPAを疑い、0と1の変化を確認してみました。
      バインドそのものには問題は出ませんでしたが、電波の到達距離が若干変化するようです。
      本家マニュアルには7Eの場合TX Powerを変えても出力は固定されてるとの記載があるのですが、has_pa=1にしてTX Powerを変えると明らかに到達距離が変化しました。
      なにかしらの対応策が無いか確認中ですが、PA無しということに確信が持てましたのでhas_pa=0に固定し検証を続けます。

      引き続きご意見をよろしくお願いいたします。

      John Smyth

  5. BOOWY
    Posted 2015年2月7日 at 7:37 PM | Permalink

    devo7eでV977をバインド挑戦してるんですがprotocol=KN のKNと言うのが見つからないのですが、何処に合わせてRe-intさせれば良いのでしょうか?

    • zazazizi555
      Posted 2015年2月8日 at 11:44 AM | Permalink

      KNは401で実装されてなかったんでしたっけ?そうであればNighlyBuildからの実装だったと覚えているので本家サイトからダウンロードしてくるといいですよ。

      ただ現状知らないのですが昔のマイクロヘリ倶楽部さんのピンアサインではNightlyBuildそのものが作動しなかったです。ここでジョンさんが説明している通りに組み替えれば通ります。

  6. BOOWY
    Posted 2015年2月8日 at 2:31 PM | Permalink

    再度、ダウンロードしKN取り込む所まで成功しました。
    バインドを開始し機体のLEDの点滅が高速になり反応をしめしてるのですが
    その後、ゆっくりと点滅しダンマリ。。
    バインド方法が間違ってるのでしょうか・・

  7. BOOWY
    Posted 2015年2月8日 at 2:39 PM | Permalink

    成功しました!KNのRe-bind項目がNoになっていました。
    有難うございました。

  8. クラブマン
    Posted 2015年3月8日 at 4:28 PM | Permalink

    初めまして、真坂様突然すいません、私もDEVO7Eをマルチにしたくて、色々真坂様のページを見させていただいている者ですが、教えていただきたいのですがNRF24LO1+は買いましたが、他のA7105とCC2500のモジュールがどこで売っているのか分かりません、Banggoodで見ましたが、無いみたいです。
    初歩的な事で大変申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  9. クラブマン
    Posted 2015年3月9日 at 6:46 PM | Permalink

    真坂様早速の返信ありがとうございますm(__)m
    なるほど、CC2500は、やめておきます。
    A7105だけ早速購入しました。
    CC2500のリスクを親切に、わざわざ教えていただき、本当に助かりました。
    ありがとうございました。

    • zazazizi555
      Posted 2015年3月9日 at 7:31 PM | Permalink

      いえいえ、ホントはジョンさんの方が詳しくて受け売りですがな。

      私はSkyartecも持ってるし、チップを入れないとプロトコルに「使えません」マークの*が出るのがイヤというそれだけの理由で入れてみたのですが、なんでかSkywrtecをdeviationで設定するのは難しくてもうdeviationで飛ばすのを諦めかけてます。

  10. クラブマン
    Posted 2015年4月5日 at 7:34 AM | Permalink

    真坂様すいません、また教えていただきたいのですが、プロポはDEVO8Sです。
    A7105との配線の接続方法なのですが、

    接続例1

    DEVO8S A7105
    2——————–SOS
    3——————–GND
    4——————–SCK
    5——————–SDIO
    でいいのでしょうか?

    接続例2

    DEVO8S A7105

    VDD—————VCC
    2——————-SCS
    3——————-GND
    4——————-SCK
    5——————-SDIO
    で良いのでしょうか?

    接続例3

    DEVO8S A7105

    VDD—————VCC
    TMS—————SCS
    2——————-SCS
    3——————-GND
    4——————-SCK
    5——————-SDIO
    でしょうか?

    接続例4

    DEVO8S A7105

    VDD————–VCC
    TMS————–SCS
    3——————GND
    4——————SCK
    5——————SDIO
    でしょうか、色々検索しましたが、いまいち分かりませんでした。
    一つ分かった事は、各モジュール側のVCCは、電源の+でDEVO送信機のVDDと繋ぐと言う事と、各モジュールとDEVO送信機のGNDは、-電源にあたる事だと分かりました。
    忙しい所すいませんが、よろしくお願いします。m(__)m

    • zazazizi555
      Posted 2015年4月6日 at 1:38 PM | Permalink

      John Smythでございます。

      クラブマンさん、はじめまして。
      購入したA7105はどのタイプなのでしょうか?
      同じA7105でもモジュールによって接続が違いますので。

  11. クラブマン
    Posted 2015年4月6日 at 6:20 PM | Permalink

    初めましてJohn Smyth様、わざわざすいませんm(__)m
    買ったモジュールはこれです。http://www.banggood.com/A7105-Wireless-RF-2_4GHz-Transceiver-Module-3_3V-Power-Supply-Module-p-909404.html
    お手数ですが、ご教授よろしくお願いします。m(__)m

  12. John Smyth
    Posted 2015年4月6日 at 7:47 PM | Permalink

    クラブマンさん

    DEVO8Sのモジュールのピン番号を以下のように読んで記載します。

    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10

    DEVO8S——————————-XL7105 D03

    VDD--------------VCC
    2----------------SCK
    3----------------GND
    4----------------SDIO
    TMS---------------SCS

    さらにモジュール上で結線
    GIO1-----------TXEN
    GIO2-----------RXEN

    がんばってください。

  13. クラブマン
    Posted 2015年4月6日 at 9:07 PM | Permalink

    John Smyth様、とっても分かりやすい回答ありがとうございます。m(__)m
    がんばって絶対成功させてみます。
    本当にありがとうございました。(*^_^*)

  14. Hot Heart
    Posted 2015年11月22日 at 2:58 PM | Permalink

    真坂様、John Smyth様いつも楽しく拝見させていただいてます。
    突然すいません実はエアーステージさんで購入した。
    DEVO8Sのモジュールの取りつけでトラブルが起きまして、ご教授を受けたいのですが、モジュール取りつけ前は、通常に動いてました。
    モジュールを取り付けて、電源を入れようとしたのですが、上に有る赤いランプが一瞬点くのですが(1秒たらず)すぐ消えてしまいます。
    下の液晶はまったく付かなくなりました。^_^;
    なので、モジュールをすべて取り外して、もう一度電源を入れたのですが、同じで一瞬LEDが点くだけで、すぐLEDが消えて、下の液晶は、まったく点きませんです。^_^;
    直す方法はありますか?
    モジュール取りつけ方法は以下のとうりです。
    (NRF24L01+PA+LNA) DEVO8S
    GND—————————–3
    VCC—————————–VDD
    CE——————————-VDD
    CSN—————————–TCK
    SCK—————————–2
    MOSI—————————4
    MISO—————————5

    (A7105) DEVO8S
    VCC—————————–VDD
    SCS—————————–TMS
    GND—————————-3
    SCK—————————–2
    SDO—————————-4

    A7105のモジュール上で
    GI01————————–TXEN
    GI02————————–RXEN

    (CC2500) DEVO8S

    GND————————3
    VCC————————VDD
    SI————————–4
    SCLK———————-2
    SO————————-5
    CSN———————–TMS

    CC2500のモジュール上で
    GD02——————–RXIEN
    GD00——————–TXIEN
    です。

    A7015のモジュールは、
    http://www.banggood.com/A7105-Wireless-RF-2_4GHz-Transceiver-Module-3_3V-Power-Supply-Module-p-909404.html
    です。
    (CC2500)と(NRF24L01+PA+LNA)は、こちらで画像でアップしている物と同じものです。
    よろしくおねがいします。m(__)m

    • zazazizi555
      Posted 2015年11月22日 at 8:36 PM | Permalink

      Hot Heartさん、こんばんは。ジョン・スミスでございます。

      文面からの憶測ですが、DEVO8S自体の電源回路にトラブルを起こしたと思われます。
      配線をハンダ付けした部分を確認しないとならないと思いますよ。

      DEVOチップ上にハンダ付けしたのか、チップを外しカプラー部にハンダ付けしたのか?
      カプラー部なら熱で内部の端子が接触しているとか。

      基盤上の接続部の裏面で穴からハンダがはみ出て接触しているとか。

      いずれにしても作業時になんらかのダメージを与えたと思います。
      幸いに電源ONして落ちてもまたONするようなので、ダメージ部を特定し治せば復活する気がします。

      がんばってください。

  15. Hot Heart
    Posted 2015年11月23日 at 3:02 AM | Permalink

    ジョン・スミス様早速の回答ありがとうございます。
    今日昼まで仕事なので、帰ってから、ばらして、また見てみます。
    テンションが落ちていましたが、少し元気が出てきました。
    ありがとうございます。

  16. Hot Heart
    Posted 2015年11月23日 at 3:06 PM | Permalink

    ジョン・スミス様、ありがとうございます。
    DEVO8S完全復旧しました。
    さすが、ジョン・スミス様おっしゃるとうり、DEVO8S側の基板TCKとVDDの穴がハンダで埋まっていたので、綺麗に取り除き仮にDEVO8Sを組み立て、電源を入れたら、普通に使えるようになりました。
    半分以上諦めていたのでメチャクチャうれしいです。
    DEVO8Sを買った時ぐらいうれしいです。
    今度は、ハンダで穴が埋まらないように、慎重に作業していきます。(*^_^*)
    本当に、ありがとうございました。m(__)m

    • John Smyth
      Posted 2015年11月23日 at 10:50 PM | Permalink

      Hot Heartさん

      復旧おめでとうございます!
      原因が特定出来て復旧した時の喜びは感極まる物がありますよね、よくわかります。

      deviation化もがんばってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)