真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

deviation4.01のtx.ini

前のページで書いたように「マイクロヘリ倶楽部」さんが親切にも deviation 4.01 用のtxt.ini ファイルを送ってくれたので、USBモードで接続したDEVO7Eに差し替えたところ見事に成功しました。

DEVO7EはWalkeraの7ch送信機なのですが、このdeviationプロジェクトはDEVO7Eに限らずDEVO10やDEVO8、さらに現在はカラー液晶のDEVO12の開発も行っているようです。

惜しいことに現時点では「マイクロヘリ倶楽部」さんのショップではdeviation改造済みのDEVO7Eは売切れ状態なのですが、必要なチップ自体はまだ在庫があるようです。左横のメニューの「計測器・USBプログラムカード・モジュール関係」から商品ページに行けます。

NRF24L01、C2500、A7105、がそれらのチップで、シュリンクチューブに巻いて何本かリード線が出ています。これを蓋を開けた送信機の必要箇所にはんだ付けするのですが、全てのチップが必要というわけではなく、どの会社の送信機の代用とするかで違ってきまして、三つ入れちゃえば最強ということになるわけです。

これが正常な起動画面です。左が起動中で、起動が終わると右のような画面になります。

せっかくですから「マイクロヘリ倶楽部」さんがくれたtx.ini ファイルの内容も以下に載せておきますね。

current_model=9
language=0
music_shutdown=0
mode=1
brightness=5
contrast=5
volume=10
vibration=0
power_alarm=0
batt_alarm=4100
batt_critical=3900
batt_warning_interval=30
splash_delay=35
[modules]
enable-cyrf6936=B12
has_pa-cyrf6936=1
enable-a7105=A13
has_pa-a7105=1
enable-cc2500=A14
has_pa-cc2500=1
enable-nrf24l01=A14
has_pa-nrf24l01=1
[calibrate1]
max=3813
min=530
zero=2171
[calibrate2]
max=3549
min=354
zero=1951
[calibrate3]
max=3698
min=489
zero=2093
[calibrate4]
max=3867
min=569
zero=2218
[touch]
xscale=197312
yscale=147271
xoffset=-404
yoffset=-20
[autodimmer]
timer=20000
dimvalue=0
[countdowntimersettings]
prealerttime=30000
prealertinterval=10000
timeupinterval=10000
[telemetry]
temp=celcius
length=meters

   ここをクリックすると➡ deviation レビュー 記事簡易表示が並びます。  

2 Comments

  1. kihito
    Posted 2014年3月26日 at 1:17 PM | Permalink

    以前はモジュール追加したDevo7eでdeviation3系を使っていて、今回ファームをdeviation4.0.1に上げたところ、V913がバインドしなくなりました。しかし、ここに貼ってくださったコンフィグデータを流しこんだらバインドするようになりました。
    真坂様、マイクロヘリクラブ様ありがとうございます。

    • zazazizi555
      Posted 2014年3月26日 at 4:24 PM | Permalink

      はじめましてー、よろしくお願いします!こんなヘナチョコな私でもたまには役に立つものだと感心しました。こちらこそありがとうございます。

      deviationは興味深い反面正直何が何やらわからん部分がたくさんありますよね。私の方は自分で改造したDEVO10ベースのdeviationが最初全然使えなくて苦労しましたが、ふとtx.iniとは別にhard.iniが存在することに気が付いて、なんとDEVO10ベースの場合の各チップの使用はそちらで設定するのに気が付きました。

      ここでも書いていますが、海外ではV222系やSLTまでバインドできているとしか思えない内容の投稿があるのですが、SLTは全然ダメですし、V222系はバインドでエンターを押したが最後必ずハングアップします。

      何か新しい発見があれば是非ともコメントお願いします。

      私の方は今V911の右回りの癖をスロットルの上下動とミキシングして解決できないか苦労しています。うーむ・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)