真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Nine-Eagles SOLO PRO 319 B.Hawk 本番タイヤでのフライトト注意点

もうそろそろいいだろうと本番用のスケールタイヤに交換してフライとさせてみました。強度の面はわからないのですが、あまり転がらないので離陸は練習用のタイヤより断然楽でして、なんか練習用タイヤって大リーグボール養成ギブスみたいな存在です。

ちなみにエルロン方向の反応はやはり悪いので、いまやエルロン方向はデュアルレート120エクスポネンシャル70に達していますが、いいのかしら?

これがそのときのフライトです。

まさか気軽にこの機体を購入する方がいるとは思えないのですが、(わたしゃもうゴメンです)フライトに際しての注意点をいくつか挙げておきます。といってもヘナチョコな私がフライとさせる上での注意点ですから役に立つんだか知りませんが・・

まずスロットルなんですが、これは私の設定が悪いのか知りませんが、Walkeraのラマの3枚ローターやエアーウルフの5枚ローターのように気軽に上げるとローターが重いのか完全にモーターが負けていて、随分と間を置いてからローター回転がスピードを上げてきます。ですから急にスロットルをあげるとモーターが焼けやしないかと心配になります。スロットルカーブがどうであれ、スロットルスティックはローター回転を見ながら徐々に上げて行ったほうが無難です。

そしてこの機体は浮きかけたときが一番不安定でとにかく前につんのめりそうになりますが、これはトリムとかの問題ではなく浮いてしまうと静止しますのでエレベーターを引き気味で修正します。離陸直前はエレベーターに限らず前後左右に揺れまくりますからここがしのげるかどうかが生死の分かれ目になります。これがあまりにひどいので私は最初この機体は飛ばせないと断念しかけたものです。

離陸さえしてしまえばあとは安定の悪い機体というだけなので皆様の腕にお任せします。前にも書きましたがラダーやエレベーターの設定は普通ですがとにかく横、エルロン方向の不安定さは特筆物でした。ボディの幅が広いとこうなるんでしょうか?

   ここをクリックすると➡ Nine-Eagles SOLO PRO 319 B.Hawk60 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

1 Comment

  1. MAC
    Posted 2014年3月5日 at 11:41 AM | Permalink

    >気軽に上げるとローターが重いのか完全にモーターが負けていて、随分と間を置いてからローター回転がスピードを上げてきます。

    この部分がガバナー機能があると、ローターの負荷が増えたら瞬時にスロットル量を機械的に増やして、もたつきがなくなります。
    なので、擬似ガバナーとはローターの負荷に合わせたスロットルカーブの設定になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)