真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

エアーウルフはベル222でした

ついでにエアーウルフの方も調べてみました。アメリカかどっかのTVシリーズに出てくる超音速特殊ヘリコプターというキャッチフレーズは知っていたのですが、それ自体がなんかのヘリにそれらしい装備を引っ付けたものでしたので、いったいそもそもはなんぞや?というわけです。

こちらは意外に簡単で「エアーウルフ元のヘリ」と検索するとすぐでてきました。こちらはベル222という民間機で、軍用化されたものはない模様です。以下にまた写真を並べますが、この場合エアーウルフの方が圧倒的にカッコイイと思います。

2014-03-31_18-13-162014-03-31_18-14-09

最後の青いのはなんと三井不動産の社用機だそうです。さすが財閥で御座います。やはり一族の方々は三井さんなのでしょうか?あまりにお金持ちなのであえて世間にお出ましになることもないのではありますまいか?

こちらの方はもともとは2枚ローターのものがあって、その後4枚ローターのものが開発されたようです。1974年にアメリカで初の双発民間機として開発されてたいそう成功したようです。なんかスキッドをつけたのや反対に引込脚にしたものや、塗装も山ほどありますね。

私は別に完全スケールとかには拘らないたちなので、エアーウルフのデザインに飽きてきたらなんかカッコイイデザインに塗り替えてみたいです。

このBell222の場合なら下のような白や赤を基調としたシックなデザインもなかなかいい感じだと思います。壊した時も塗り直しやすいし。

2014-03-31_18-36-39

ついでにこんな風に逆にスキッドにしてしまったら離着陸も楽で壊れにくいでしょうし。

   ここをクリックすると➡ Walkera Airwolf 200SD5 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)