真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

いい加減にして欲しいWalkera Airwolf 200SD3 の修理

もういい加減疲れ果ててきましたよ、災難続きのWalkera AirWolf 200SD3 であります。

やっぱ重いせいなのでしょうかしらん。スケール機を落とすとやたらと壊れまくりますね・・

結局壊れていた箇所は、メインローターグリップ二つ、ボディ、メインギア、テールロータードライブシャフトの先のベベルギア両方、サーボ二つであります。

このうちメインギアは微妙に歪んでいたので見落としまして、一回組んでしまったのですね。そしたらラダーが右に切れなくてこりゃおかしいと調べていたらたどり着いたのです。どうもテールへのシャフトをうまく回してないようです。

またこのボディがもう外すのが大変でして、テール部分だけならこのように後ろ半分はすっぽ抜けるようになっているのですが、サーボ交換とかになってボディ本体を外そうとするとここまでは行くのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしここから先が大変でして、外すにしろはめるにしろ、まるで知恵の輪のように少しずつボディと中の骨組みを微妙な角度でずらしながら引っ張ったり押したりしないと薄っぺらなボディが割れそうになってしまうのです。

こうした点はNine=Eagles SOLO PRO 319 B.Hawk の作り方のほうがよほどマシですが、しかしB.Hawkのほうはテールローターに至るシャフトドライブをうまくはめるのには四苦八苦しますし、世の中うまいことはいきません。

もうこのエアーウルフさんはSOLO PRO 135 みたいに機首の部分をプラモデル用の薄いノコギリで切ってしまおうかとすら考えています。

   ここをクリックすると➡ Walkera Airwolf 200SD3 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)