真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Walkera Airwolf 200SD3 調整フライト

今のところ骨組みだけのエアーウルフ200SD3ですが、実はとある方を巻き込もうとそそのかしているものですから、ヘナチョコな私の調整時のフライトをご紹介いたします。

付属のCDに収められている設定にすれば飛ぶことは飛ぶし、うまい方ならこのままでいいやとなるのかもしれないのですが、そこはそれ、私はヘナチョコ初心者でして既に一回落としてますから非常に懲りまして、も少しなんとかならないものかと送信機をいじくりまわした結果がこのフライトです。

このフライトのときも時々ピコピコ言っているのが退屈でしょうが送信機側で設定を変更しているときです。

それでも揺れているのは機体のせいではなくて私が静止できないだけです。コントロール自体はだいぶん楽になりました。

実は私、自業自得のとある原因でなんとWalkeraの最上位送信機であるDEVO12Sを買わざるを得なくなったのです。タッチ式カラーTFT液晶とか、プロポーショナルに動かせるAUXとか機能も多いのですが、なによりありがたかったのはスロットルカーブやピッチカーブのポイントが7個か8個もあって、DEVO10と比べてさえ格段にカーブの自由度が増したことです。もっともこれは私がヘタだからそんだけ必要なだけで、うまい方なら不要なんでしょう。それにDEVOシリーズをdeviation化してしまえばなんと最大11ポイントのカーブが書けますし。

参考までにDEVO12Sでこのフライトをしたときの各種設定の写真を載せておきますので見難くて申し訳ありませんがご参考にどうぞ。DEVO12Sについては別途レビュー予定です。


また、MiniCPなどの室内ヘリからこのでかいヘリを飛ばすと最初は恐怖に襲われますが、これは慣れの問題です。

MiniCPと同様にいきなりスロットルを上げてしまうと急上昇したりこけたりとろくな結果になりませんので、最初はじわーっとスロットルを開けて様子を見ることをお勧めします。動画のように必ず最初に機首が左に回りますが、どうもこれはテールローターの回転が始まるのが遅れるだけのようで、そのままメインローターの回転が落ち着けばその位置で止まりますのでそれからラダーで正面に向けると大丈夫です。逆に言うといきなりスロットルを開けてしまうと左に機首を回しながらすっ飛んでしまうことになります。

また、機体がデカクて重いからか、マイクロヘリのように地面効果であらぬ方向に流れることはほとんどありませんので、離陸時までゆっくりスロットルを開けても大丈夫です。そのかわりに若干前後左右に傾こうとしますので、これはスティックで補正しなければなりません。ホバリングしてしまえば安定性は十分です。

またスキッドではなく3車輪式なので、前方横にコケようとするときもありますから要注意です。着陸も一気に降ろすとコケル確立が大きいので最終的にローターがとまるまでは慎重にスロットルを戻したほうがいいようです。一度着陸したからとスロットルを下まで下げたらなぜかこけました。

3枚ローターにしろ5枚ローターにしろ重量があるからなのか、コケルと2枚ローターのようにパタンと倒れれだけにはなってくれませんで、ガッタンガッタンそのまま少し回ってしまうのでローターヘッドやリンゲージなどへのダメージが大きいので要注意です。

   ここをクリックすると➡ Walkera Airwolf 200SD3 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)