真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

修理中のWalkera Airwolf 200SD3

ああ、もうくじけそう・・

大した損傷はないと思っていたWalkera Airwolf 200SD3でしたが、よくよく調べてみたら、ローターブレードホルダーっていうんですかね?あのローターの付け根、あれについているボールリンク?が斜めになってたです。

オマケに最悪なことには後ろ側にあるサーボのギアが欠けているらしく、リンゲージをつまむと自由自在に上下にジーコジーコ動きますがな。

唯一の救いはWalkeraの部品代の安さで、例えばNine-Eagles SOLO PRO 319 BlackHawkのボディが前半片側だけで2500円もするのに、この200SD3はなんとボディ一式LEDやら水平尾翼やらなんもかんもで3500円と安いことです。


ボディの割れ自体はこのような形で、亀裂がそんまま上下に走ってますが、最初は補修だけで済ますつもりだったのです。

ところがサーボを外すとなると、なんとこの200SD3はNine-Eaglesのようにモナカ式に左右にパカリと開ければよいという構造にはなっておらず、左右はなんでここまでと思うほど念入りに接着されておりました。

カッターかプラモデル用のほそーいノコギリを持ってるんで切ろうかとも思ったのですが、安いんでもう外してボディも付け替えようといたしました。

ところが悪いことはできないもので、と何が悪いのか?浪費家だからか?ごもっともです。とにかく古い機体なので、HelimonsterさんやSureHobbyさんにも在庫がなく、とにかく安い所からと聞いたこともないような重ーいサイトのネットショップに注文したら、商品写真にはちゃんと載っている付属の水平尾翼やなんやら全部はいってないでした。メールを送りましたら、忘れてたんだけど全部はもう在庫がないのである分だけ送りますだって。ひでえ・・そのうち海外通販の利点と欠点を時点に書こう。


で、現状がこれであります。最初はボディを外そうとしたのですが、いったい作るときはどうやってはめたのか、パズルのようでわかりゃしませんがな。

仕方ないので下からバッテリーホルダーとかがついた部分のビスを外して骨組みの下になる部分を取ったらなんとかボディを「ずらす」ことはできましたので、どうにかダメになったサーボ自体は外せました。

 

寝ころんで飛ばすなどという横着なことをした代償はかように大きなものなのであります。いったいいつ直るものやら・・

   ここをクリックすると➡ Walkera Airwolf 200SD3 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)