真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

ようやく直ったエアーウルフ200SD3 骨組みだけで試験フライト

ようやくWalkera AirwolfSD3 の修理が終わりました。ヒーでした。実は一回直してボディまでつけたもののなぜかラダーが効きません。効かないというか左には回るのに右にはスティックに反応しないのです。いろいろ点検しましたがどうにもわからず、テールサーボまで疑って購入して好感してもダメです。まさかジャイロじゃあるまいなあとドキドキしましたです。

一体全体どこに原因があるのかと、スロットルを少し開けたままラダースティックを動かしてみると、この200SD3のテールローターはV120と同様シャフトドライブからべべルギアで90度曲げて回しているのですが、ラダーを右に切ったときだけシャフトが微妙にずれることに気が付きました。

あれ?なぜゆえに?組み立ては分解した逆にきちんとしたはずだがなあ。そうだローター以外は5枚ローターのエアーウルフと同じなんだから面倒でもSD5のテール部分を分解して構造を確かめてみようと思いつきまして、実際に調べてみたらSD5の方はシャフトの最後にベアリングがはまっています。

あら?SD3には無いよ?しかし最後のギアは外していないのだしその後に来るベアリングが外れているわけはないはずだが、ひょっとして、とシャフトが通っているパイプを指で10回くらいデコピンを繰り返してみたら、なんとパイプの先からベアリングの金属の表面が見えてきました。逆にパイプの内部に落ち込んでいたのでした。

これなんか!?としかしこれでまたダメだったらもうボディの取り付けがものすごく面倒でパズル的なので勘弁してほしいものです。

幸いSD3はNine-Eaglesのようなモノコック構造ではなくて、骨組みだけで自立していまして、ボディはそれに被せるだけです。重量的には不利ですが、こんな時は役に立ちますね。試験フライトをしてみました。

あー、やっと直りました。今度はちゃんと飛びますね。ボディが無い分少々軽く離陸できている気がしますが、ホバリングの感覚はそう変わりません。でもあんまり落ち着きがありません。スロットルカーブとか、ピッチカーブ、エクスポネンシャルの意味も皆さんから教わったことだし今から調整が必要でしょう。

ついでにエアーウルフ自体のデザインは好きではないし、骨組み状態のままにしておいて、各種k自作ボディの試験用にするつもりです。

   ここをクリックすると➡ Walkera Airwolf 200SD3 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)