真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Airwolf 200SD5 と SOLO PRO 135 BO-105 どっちが難しいか?

ということでどっちが難しいか、最近BO-105を飛ばしていなかったので飛ばしてみました。もう椅子からの離陸はヤメにします。以前書いたように椅子から離陸すると椅子の座面を外れたとたんに地面効果がなくなるので急に降下してしまうのでヒヤリとすることはなはだしいのです。

やっぱどう考えてもBO-105の方が難しいです。安定してホバリングしているときはまだしも、姿勢を崩して流れた時のスティックの対応は困難を極めますわ。

これは私が横向きホバリングができるようになったわけではなく、カメラの位置から自分が横に異動してやはり機体の後ろから操縦しているだけです。

ただし地面効果が続く分ある程度上昇させないと安定しないという欠点はあります。それでもやはり怖くなった時に高度を下げられるのはありがたいです。椅子があると高度を下げた時に椅子の脚にぶち当たる危険もあるのでどこに下げるか迷うのです。

200SD5はちょうdV912と同じくらいの大きさがあり、ローター回転数もハンパない感じですので、部屋には乱流が巻き起こってその影響を強く受けている印象を受けますが、それでも200SD5の方が楽でした。

200SD5は機体だけでも40000円近いという高価なものですが、チッコイBO-105が20000円。5枚ローターと飛ばしやすさから言えばやはり200SD5の方がお得な気がします。特に私は15000円もするTACTIC TTX650 というSLT送信機があるのでいいようなものの、Nine-EaglesのチンケなJ6PRO SLT では役不足の感が否めません。

   ここをクリックすると➡ Nine-Eagles SOLO PRO 135 BO-105 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)