真坂の室内ヘリレビューで御座います。あらたに「みんなで作ろうAPM!」←(ココクリック!)コーナー作ったです! ついでにコッソリ質問したい方向けにお問い合わせメールもできるようにしました。こっち・・ 最近マルチばっかになっちまったんでジョンさんへのお問い合わせもつくったのです。コッチ! 注!コメント大歓迎なのですが、スパム防止のために初回だけは管理者の私の操作が必要になってしまうので、あ?私なんか変なこと書いた?とかギクシとした方はごめんなさい。気がつき次第手続きを取って、以後は自由に書き込めます!
No-0092お裾分け専用ページ作りました:とりあえず今んとこお裾分けは中断なのです・・・まあそのうちお気に入りからもれてしまった安いのも出てまいりますよ。その際はこちらのページをご参考にどうぞ・・ なおややこしいdeviationの扱いについては今後ともdeviationのレビューでジョンさんが説明してくださることでしょう。

Nine-Eagles SOLO PRO 135 BO-105 諸元等

結局こいつを4機も所有してしまった私ですが、まあいいのです。実はそのうち3Dプリンターやバキューム製法なるものを駆使して、AH-64アパッチや、ロシアの攻撃ヘリハインドなどを作ったるんだという野望がありまして、そのためのベースとして使用すればいいのです。はっはっは、できるんか?

それはともかくこのヘナチョコな私が飛ばせたからと言って、室内ヘリが初めての方は間違っても買っちゃいけない室内ヘリであります。4枚ローターの立てる音は同じNine-Eagles Galaxy Vistor 2 やその他スタビバー付のものとは違いますし、スタビバー無しでも2枚ローターのWalkera MiniCP とも違うとても気持ちのいいものですが、ここまでに至る努力、というより膨大な出費の事を思い浮かべると舌を噛み切って死のうかとすら思いますので考えないようにしています。

下の写真はNine-Eagelsの日本籍代理店であるハイテックマルチプレックスさんのもんです。ちなみにアマゾンではジャパンホビーさんなるお店が扱ってますが、なぜかアマゾン記載の納期など無視するかのごとく速攻届いてしまいます。ありがたいこってす。

プロポ付バージョンの場合はこのようなセットになりますが、プロポ無しバージョンでも送信機がないだけでリポや充電器などはつけてくれます。リポは7.4V600mAhのものが付属しており、それまでのNine-Eagles定番のものとは違い、バランス充電できるし充電アンペアが切り替えれられて、最大0.7Aで充電できるありがたいものです。

ついでに予備ローターなどオマケしてくれるとなおありがたいですが、さすがにそこまでオマケしてくれず、テールローターがイッコだけ入ってますが、これ、どうもSOLO PRO 128 EC-145 やSOLO PRO 137 BO-105 のものと共通部品みたいです。

次が諸元です。

 

2014-02-10_13-53-00ブラシレスモーターと聞いただけでなんか高性能な気がします。だいたい私はそのうち激突大破してしまうので確認しようがないのですが、通常のモーターと比べて寿命も長いそうです。

出力自体も通常のモーターと比較すると段違いらしいのですが、私は感覚的には常にその違いはわかりませんです。

重量も結構ありますから将来スケール機のベースとするなら余裕がありそうです。大きさ的にはホンマに他の室内ヘリ、例えば名機WLtoysのV911クラスです。たいした違いはありません。なのにぶっ壊れるのはやっぱ機体が重いのと、ローター回転数がおっかないくらい高速なせいなんでしょう。

可変ピッチとあるのはローターの回転数につれてローターの角度が変わっていく仕組みのことで、そのためこのSOLO PRO BO-105 は背面飛行や宙返りなどのいわゆる3Dフライトも可能だそうなのですが、もちろんわたしゃそんな勇気もやる気もありません。かえってこのピッチをどう調整すれば安定してフライトさせられるのか、試行錯誤の連続でした。

ユーロコプターの承認が云々ともあります。確かBO-105そのものはドイツベルコウ社のヘリだったように記憶しているのですが、ユーロコプターと合併したような話も聞いた気がします。どうでもいいですが。

   ここをクリックすると➡ Nine-Eagles SOLO PRO 135 BO-105 レビュー 記事簡易表示が並びます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)